「Call of Duty Black Ops」のStoryに残された疑問点 | 雑雪帳

「Call of Duty Black Ops」のStoryに残された疑問点

Call of Duty Black OpsのStoryはクリアしても疑問点が解決しない部分があるので、気になる部分を書き残しておきます。
完全なネタバレなのでご注意。
Call of Duty : Black Opsの暗号解読についてはDoopeの特集が詳しい。
■「Call of Duty 7」の物と見られるティザーサイトに新しい暗号が登場、残る暗号は3回か « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト
■暗号解読第9回:ネタバレ厳重注意「Call of Duty: Black Ops」の本編に登場する暗号解析をスタート « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト
■暗号解読番外編その1:謎の書類群に見る「Call of Duty: Black Ops」の根底に流れる歴史 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

それとニコニコ動画で暗号解読の解説動画が分かりやすくてオススメ。
■【ゆっくり解説】CoD:BOキャンペーン考察①暗号数列編 - ニコニコ動画:GINZA

英語になりますが、以下のサイトもオススメです。
■Portal:Call of Duty: Black Ops - The Call of Duty Wiki - Modern Warfare 3, Black Ops, World at War and More!

アレックス・メイソン


codbo_01_mason.jpg
本作の主人公。

カストロ暗殺作戦で仲間を逃がすため敵に捕らわれ、ヴォルクタ収容所に。
ヴォルクタ収容所でドラゴヴィッチ、クラフチェンコ、シュタイナー に洗脳される。
(ノヴァ6を散布する際の暗号解読方法、数字には送信施設の座標、ケネディ暗殺も含まれる)
ヴィクトル・レズノフが別の洗脳?を施し、ドラゴヴィッチ側の完全な洗脳が失敗する。ヴォルクタ収容所脱出後はジェイソン・ハドソンの指揮下に入る。
ケネディ大統領との面会シーンで暗殺するイメージを思い出すが、暗殺実行犯か不明。
Black Opsでもオズワルドやジャック・ルビーの写真が登場し、ケネディ暗殺の部分は史実と同じ。
但しメイソンは優秀なスナイパー。

命令に違反し、ソ連 リバース島に向かう。(理由は数字による命令)
目的はシュタイナー殺害だと思われる。

ルサルカ下部の送信施設でドラゴヴィッチを殺害。
洗脳を破ったと告げるが、ドラゴヴィッチは「まだ分からんぞ?」と回答。
最終ステージでは生存。

→Black Ops2に登場

ヴィクトル・レズノフ


codbo_02_reznov.jpg
Call of Duty World at Warのソ連ステージで登場したキャラクター。
1945年10月29日 オリンパス作戦で、ディミトリ・ペトリエンコ(WaWの主人公の一人)と共に行動。この作戦でドラゴヴィッチ、クラフチェンコ、シュタイナーと出会う。
ディミトリ・ペトリエンコがノヴァ6により死亡、死体確認済み。

オリンパス作戦終了後にヴォルクタ収容所に送られ、そこでメイソンと出会う。メイソンを洗脳、恐らくドラゴヴィッチ、クラフチェンコ、シュタイナーを殺すこと(復讐)をすり込んだと思われる。

ヴォルクタ収容所脱出ステージでメイソンと脱出するが、メイソンを逃すために脱出トラックに残るが、この時レズノフが死んだか確認していない。1963年に死んだことになっている。(ハドソンの報告)
メイソンをヴォルクタ収容所から脱出させたのはわざと、とも考えられている。
ソ連側が、メイソンの洗脳にある程度成功している、またレズノフの洗脳の影響を軽視した、ゲーム中にも、わざとメイソンをアメリカ側に逃がした様なセリフがある。

→Black Ops2に登場(生きていたか不明)

フランク・ウッズ


codbo_03_woods.jpg
ラオス・ベトナム国境で敵側に捕まった後、メイソンと脱出。クラフチェンコを道連れに殺害(したと思われる)、ウッズの死体は未確認。

→Black Ops2に登場

ジェイソン・ハドソン


codbo_04_hudson.jpg
最終ステージでは生存。

→Black Ops2に登場

ジョゼフ・ボウマン


codbo_05_bowman.jpgcodbo_05_bowman_02.jpg
ラオス・ベトナム国境で敵側に捕まりスペツナズ要員に殺害される、死体確認済み。

グリゴリー・ウィーバー


codbo_06_weaver.jpg
クラフチェンコに左目を潰される。
最終ステージでは生存。

ニキータ・ドラゴヴィッチ


codbo_07_Dragovich.jpgcodbo_07_Dragovich_02.jpg
本作の敵。
メイソンが絞殺、恐らくハドソンも死体を確認済み。

レフ・クラフチェンコ


codbo_08_Kravchenko.jpgcodbo_08_Kravchenko_02.jpg
本作の敵。
ウッズが捕まえ、道連れに殺害。ただし死体は未確認。
codbo_08_Kravchenko_03.jpg

→Black Ops2に登場

フリードリヒ・シュタイナー


codbo_09_Steiner.jpgcodbo_09_Steiner_01.jpg
アラル海、リバース島。
メイソン視点ではレズノフが殺害した事になっているが、実際はメイソンが殺害。
ハドソン、ウィーバーが死体確認済み。

ダニエル・クラーク


codbo_10_Clarke.jpgcodbo_10_Clarke_02.jpg
ノヴァ6開発者。
用済みの開発者が殺されることを知り、仲間のラザルスと共に逃亡。
九龍でハドソン、ウィーバーに捕まり共に行動、頭部銃撃され死亡、死体確認済み。
兄が南アフリカ、ヨハネスブルグに居る。

ノヴァ6


codbo_10_nova6_01.jpg
生物化学兵器、神経毒。
アメリカ全土にノヴァ6を起動できるスリーパーが送り込まれている。
工作員を使った計画の一つ。

カリュブディス作戦 (Operation Charybdis)


codbo_11_Operation_Charybdis.jpg
日付:1978年10月27日
覚書宛先:リチャード・ケイン(ADDO/SAD)
送信者:ライアン・ジャクソン,ADDO/SAD特別顧問
件名:抹消指令/カリュブディス作戦

拝啓
ご指示のとおり、カリュブディス作戦のために必要な要員を招集しました。各人の総合
的な活動記録と採用前の経歴は、別の覚書として送付しました。昨今の出来事を踏ま
えますと、他に手段がないという判断に私も同意します。元作戦要員のアレックス・メイ
ソンの不安定な精神状態によって引き起こされた混乱は、これを完全に取り除く必要
があります。

我々の作戦は今、岐路にさしかかっています。今日までに蓄積された証拠を目にすれ
ば、アレックス・メイソンとその支援者であるジェイソン・ハドソン、グリゴリ"クレッグ"
ウィーバーは、国家の安全保障に対する明らかな脅威です。

この問題に対処するため、我々はMI-6と連携して共同作戦チームを結成しました。ま
た承認を頂けるのであれば、オペレーション40の各エージェントやアレックス・メイソ
ンの経歴に関する私の知識を活かす意味でも、作戦チームの監督官として一時的に作
戦要員に加わることを要望します。私個人としても、この件を自分の手で終わらせたい
と考えております。

本件において、SASはジョナサン・???を現場指揮官に任命しました。こうした重
大任務においては前例にないほど若い隊員ですが、MI-6とSASの双方から本作戦の
成功に欠かせない人物として推薦されています。私は、???の部隊に同行して南ア
フリカに向かうことを要望します。その際はメイソン、ハドソン、ウィーバーの各エー
ジェントが間違いなく抹殺されるところを、この目で確認するつもりです。

敬具



送信者ライアン・ジャクソン、受信者リチャード・ケインに送信された機密文書。メイソン、ハドソン、ウィーバー3名を抹殺する事。
MI-6と共同で行う。SASも参加する。南アフリカで実行予定。

ライアン・ジャクソン


Black Opsでは主任分析官。
Black Opsの機密文書の殆どに絡んでおり、1970年にメイソンが操り人形で有る事を記載。
(メイソンがドラゴヴィッチやレズノフに洗脳されている事を見抜いている)
ハンク・カーシーの機密文書を受け取っているので1999年には存在している(と思われる)。

ハンク・カーシー


codbo_12_hank_keirsey.jpg
1999年6月29日の機密文書に記載されている。
送信者はヴィンセント・フェンウィック、受信者はライアン・ジャクソン。
元陸軍の退役中佐、第二次世界大戦及び湾岸戦争を経験。
Call of Dutyシリーズの軍事アドバイザー、実在の人物。













関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons