SONY 「NEX-5」を購入&気になる所 | 雑雪帳

SONY 「NEX-5」を購入&気になる所

sony_nex5k_06.jpg
夏の旅行用にカメラが欲しくなり、熟慮の結果SONYのNEX-5 (ズームレンズつきのNEX-5K)を購入しました。
今まで持っていたカメラが400万画素のコンパクトデジタルカメラで普通に使うには問題ないのですが、記録として残しておきたいと考えると、ちょっとアレだなと考え新しいカメラ導入を考えていました。

■NEX-5 | 機種別サポート | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
候補


■ SIGMA DP1x|株式会社シグマ
考慮中は発売時期が不明だったので購入対象外。

■ SIGMA DP1s|株式会社シグマ
■ SIGMA DP2s|株式会社シグマ
どちらも非常に魅力的、本体のコンパクトさからは考えられないほどの静止画画質、動画撮影機能が弱いのが弱点?

■ 各社マイクロフォーサーズ機
マイクロフォーサーズ機は本体がコンパクトながらコンパクトデジタルカメラを超える画質と、レンズ交換や細かい設定が面白そう、動画撮影機能が弱いのがネック。

・各社デジタル一眼レフ(Eos Kiss等)
デジタル一眼レフは一世代前の中古品なら良質なのが潤沢に出回っている、但しFullHD撮影が出来るモデルは高価、加えて重量やサイズが大きく微妙。

こんな感じで気持ち的にコンパクトなSIGMAのDPかマイクロフォーサーズで迷っていました。
個人的に画質はSIGMA DPシリーズが最高に感じた、なんと言うか画質の次元が違う。ただ動画撮影機能に力を入れてないのが微妙。
マイクロフォーサーズは本体のコンパクトさや静止画撮影が一眼レフ並みに楽しそうなんだけど、動画撮影機能が弱くて(解像度が1280x720止まり)微妙に迷う感じ。

意外と安い


んで中古だと幾らかなー、と調べてみるとNEXが意外と安い。動画のFullHD撮影も、静止画撮影も楽しめる、本体もコンパクト、但しレンズは充実してない。
ただサンプルの静止画やレビューで掲載されている画質から衝撃を受けるほどではなかった。
しかし、その弱点(と言えるほど致命的ではない)を補うほどのポテンシャルの高さから、買うことになりました。

レンズフード


sony_nex5k_01.jpgsony_nex5k_02.jpg
レンズフードを付けると余計に、レンズに本体がくっついている状態に見える。

本体の厚み


sony_nex5k_03.jpgsony_nex5k_04.jpg
NEX5K本体とiPhone4の比較、厚みは違うが横幅や高さは殆ど同じくらい。液晶は残念ながらタッチ非対応。


付属品


・バッテリーチャージャー
・リチャージャブルバッテリーパック
・USBケーブル
・ショルダーストラップ
・フラッシュ(取り外し可能)
・フラッシュケース
・CD-ROM
・説明書
・保証書
あとはレンズセットによるレンズの違い。
HDMIケーブルは付属しないのでHDMI経由でテレビに接続したい場合は別途購入が必要。

買った後に読んだ記事ながら、自分が迷った部分について丁寧に書かれている記事。
■ (1)コンパクトでこの画質!いいとこ取りの新ジャンル:コンパクト一眼購入ガイド
■ (2)注目機種の使い勝手をチェック:コンパクト一眼購入ガイド

購入後に気になった所


液晶モニターの表示(ライブビューのフレームレート)が30fps
購入当初は気にしていなかったのですが各社が出しているミラーレス機やデジタル一眼を店頭で触り、多くの液晶モニターの表示が60fpsで滑らかに動いていて、ちょっと羨ましいです。

動画のフレームレートが最大1920x1080/30p相当
購入前の仕様では気づかなかったのですが、AVCHD及びmp4の動画撮影で記録されるfpsは最大30fpsになっています。

仕様ではAVCHD撮影時は1920x1080/60i、mp4撮影時は1440x1080/30pとなっていますが、イメージセンサー出力の上限が29.97fpsとなっており、1920x1080/60iで録画しているけど実際は1920x1080/30p動画に仕上がっています。

購入前に期待していたHDビデオカメラやライブ映像のヌルヌル動く動画は無理。地デジ放送のような60iでもインターレース解除を行えばヌルっと動くファイルが出来上がるのかな?と思い込んでいたのです。
この部分は、その後に発売されたNEX-5NやNEX-7が、AVCHD Progressiveに対応したことで60p撮影に対応しました。

AFが迷う
キットレンズのSEL1855(E 18-55mm F3.5-5.6 OSS)で手前に人物、奥に景色という場面でAutoを使って撮影すると、
AFが奥側の景色に合いやすく、人物にAFが合わないことがあります。
これは他の場合も同様で、手前のアイテムにフォーカスが合うだろうと思い込むと、奥に合っていた…という事が発生しやすいです。

レンズの外側が傷つきやすい
本体に比べてレンズが大きいと感じやすいミラーレス機の為か、液晶保護カバーとネックストラップだけ付けて撮影を行なっていると、
気づいた時にはレンズの筒部分に傷がついている、という状況に。
使わないときはレンズ付いた状態でカメラ全体を包むケースに入れていますが、それでも目立つ傷が付いちゃいました。
レンズの素材や色も傷が目立ちやすいのかもしれません。



レンズリヤキャップ、ボディキャップ


レンズを取り外した際にレンズ側に付けるレンズリアキャップと、本体側に付けるボディキャップが付属していたので、本体購入後に買いました。撮影が終わったあとに本体を掃除する際に有ると便利です。
別記事に書きました
■ SONY - NEX-5のレンズリアキャップ、ボディキャップを購入




レンズ保護専用フィルター


付属のSEL1855レンズを保護するフィルター、これも早めに買うのをお勧め。
■ Kenko Tokina 「PRO1 Digital」と「ACクローズアップレンズ」を購入



クローズアップレンズ


これもSEL1855に付けて、もう少し寄って撮影したい、けどマクロレンズ買うのはチョット・・・という場合に使えます。
■Kenko Tokina 「PRO1 Digital」と「ACクローズアップレンズ」を購入



掃除アイテム


撮影から戻ってくるとレンズに埃や汚れが付いているのも目立つので掃除に使うアイテムも買い足しました。


レンズに埃やチリといったゴミ、皮脂などが付いてしまいますがHAKUBAのレンズペン2なら殆どの汚れをササっと綺麗にしてくれるので滅茶苦茶便利、とりあえずコレ買うのお勧め。
■ HAKUBA 「レンズペン2」を購入



HDMI出力


手軽にHDMIを装備したテレビやディスプレイに出力できます。解像度は1080iまで対応。
別記事に書きました
■SONY - NEX-5のHDMIを試す

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons