モチベーション 3.0 について | 雑雪帳

モチベーション 3.0 について

モチベーション 3.0
週間 東洋経済 2010年3月27日号より


新しい「やる気」のかたち モチベーション 3.0

・モチベーション 1.0
食べたい、寝たい、という生物の基本的欲求

・モチベーション 2.0
報酬や罰金という、アメとムチによる動機付け、おカネに基づく成果主義

・モチベーション 3.0
ワクワク感、楽しい、世界や社会をよくしたい、自発的動機

・創造的かつ抽象的で複雑な仕事についてモチベーション2.0だけでは上手くいかない

・「何々をしたら、何々がもらえる」は従業員の創造性が低下する
提案箱から偉大なアイデアは生まれない

・動機付けにカネを活用する最も優れた方法は、従業員に十分な給料を払う事

・アップル(Apple)、モチベーションアップの秘密
「世界を変える」という衝動に訴える、ジョブズを喜ばすために頑張らせる、
分業体制は敷かず皆が全工程に協力

・Google、モチベーションアップの秘密
上司に部下を管理させない、意図的にカオスを創り出す、人材採用に絶対妥協しない
(twitter,facebookなどからエゴサーチ)

・日本企業ではユニ・チャーム、キリンビール、日本生命、クックパッド、H&Mの例もあり。


自分が「楽しくしたい」「よくしたい」という部分があるので、参考になりました。
モチベーション3.0の存在や、2.0の問題点が端的に書かれているので判りやすかったです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons