PC 「CoD WaW」 マルチプレイ補足 | 雑雪帳

PC 「CoD WaW」 マルチプレイ補足

PC版 Call of Duty World at Warのマルチプレイの補足。
主にTDMでSubmachine Gun使用、LV.65になったので個人的に感じた武器に対する所見。
pc_codwaw_mp_stats_01.jpg

・Submachine Gunについて
初期武器のThompsonが相変わらず強い、これ一つに絞ってプレイしても上位にいける。
特にMarksman IIIで獲得できるマガジン増量と、Perk 2のStopping Power、Perk 3のSteady Aim、これをセットにすると中距離までなら撃ち負けることは殆ど無い。

MP40、これも強いがThompsonに比べダメージ量が少し増える代わりに弾がばらける。これも中距離までなら撃ち負けることは殆ど無い。
ただ、何でこの距離であたらねーんだ?!と思う回数はThompsonより増えると思う。
Fire Rateが低めなのでPerk 2にDouble Tapを付けるのもあり。

Type100、Thompsonの次に使いやすいSubmachine Gunだと思う。
Thompsonより少しだけバラける感覚あり、慣れれば問題ないレベルで使える。PerkはThompsonと同じで。
ズーム使用時に画面下部をさえぎられるのが難点。

PPSh-41、Fire Rateが高めかつ弾数が多いので近距離戦だと戦いやすいが一発のダメージが小さい。
小規模マップ専用と割り切れば良いかも。

個人的な感想として、
Thompson > Type 100 > PPSh-41 , MP40

・Machinegunについて
DP-28、強い。
弾数が多い、AccuracyはType 99より高、DamageはMachinegunの中で最高、Fire Rateは遅め。Perk 3にSteady Aim付けると中距離まで倒し放題。
ただしFire Rateは遅めなので近距離でSMGと打ち合いになると少し厳しい。
Perk 2のDouble Tapは付けない方が当たりやすく感じた。

FG42、弾数が少なめ、Fire Rateは速い、Accuracyも低め、しかもDual Magazineが無い。
なんだけれどPerk 3にSteady Aim付けると中距離までヘッドショットかませる強さ。
リロードモーションが格好良いものの、他のMachinegun同様若干遅めなので、
Perk 2にSleight of Handを付けて近距離対策でも良い。基本はStopping Power。
若干マニアックな武器に仕上がりながらも慣れると頼れる武器に。

Browning M1919、Type 99と同じく視界が遮られる範囲が大きめなので使いづらい。
弾数が多目なのが特徴。
あまり使い込んでないがメイン武器としては使いづらかった。

・M2 Flamethrowerについて
Perk 1 LV.65で獲得できる、いわゆる火炎放射器。
弾数制限は無いが、ある程度攻撃を続けると撃てなくなる、少し時間を置くとまた攻撃可能に。
ネタ武器と思われるかもしれないけれど意外と強い。
Perk 2に Camouflage、Perk 3にExtreme Conditioningを付けて前線かく乱プレイも可能。
Rank& ChallengesのKiller にPyroの項目がありますが、すぐにPyro III取れます。
(Pyro IIIは25人を火炎放射器で倒す)
もちろんメイン武器のPerk 1に装備して補助武器として使っても良い。


ノーマルサーバーの場合は上記の様に感じました。
ただしハードコアサーバーの場合はライフルやボルトアクションライフルが威力を発揮します。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons