レビュー PC 「Ghost Recon Advanced Warfighter 2」 | 雑雪帳

レビュー PC 「Ghost Recon Advanced Warfighter 2」

pc_graw2_box_01.jpg
2007年7月に発売されたPC版 Ghost Recon Advanced Warfighter 2(以下GRAW2)です。

■Ghost Recon Advanced Warfighter 2 SP Demo
■Ghost Recon Advanced Warfighter 2 MP Demo
■Ghost Recon Advanced Warfighter 2 クリア
評価


点数
3/5 (5点満点中3点)

GRAW1.5というのが正直な所か。

クリア直後の感想で書いた通り、最後の2ミッション以外はGRAW1をクリアしたプレイヤーなら、簡単に攻略が可能な内容だと思います。

GRAW1で不満だった基礎的な部分の改善により、プレイ感覚はGRAW1より良くなりました。ただその改善された部分はGRAW1で実現されて当たり前の内容だと思います。クイックセーブ・ロード、武器弾薬を拾う、仲間AIの改善、敵AIの反応、仲間への細かい指示出し、等々。

GRAW2で投入されたMuleも、結局GRAW1の作戦中に仲間ヘリが行っていた武器弾薬を補給してくれる、その役目が与えられた程度であり、ゲームプレイに深く変化があるというわけでもありません。しかもMuleが登場するミッションは数少なく、ミッションによっては少し移動して終わりというのもあります。

敵AIの超反応は改善されたものの、固定機関銃の馬鹿みたいな精度の高さは変わってないし、最終ミッションではGRAW1のような馬鹿げた量の固定機関銃が存在していたりするのは、かなりがっかりしました。

ミッション開始時に投入地点を2点から選べる機能がありますが、どちらを選んでも難易度的にもゲームプレイ的にも何も変わらないのも残念。

マップもGRAW1から縮小しており、GRAW1で不満だった迂回できると思ったら塞がれてて進めない、という箇所が増えているのも残念。

一番残念なのがクリアまでに掛かる時間、わずか5時間30分。
しかも最後の1時間30分は最後の2ミッションで、この2ミッションのみGRAW1の悪い部分をそのまま受け継いだ様なマップ。まさかここまでボリュームが少ないとは…。人によっては4時間~6時間でクリアできるでしょう。

システム周りではGRAW2、シングルプレイの密度はGRAW1、といった感じでしょうか。

マルチプレイはチームデスマッチとCOOPをプレイしました。
チームデスマッチはダメージ設定がシビアなのとマップが無駄に広い為キャンプ有利な内容。はっきり言って面白いのこれ?COOPはシングルプレイ時と違った内容のマップ、システムでプレイが可能。何故か敵の反応がシビアで、より一層リアル向けの味付けにした感じ。

というかさぁ動画でしか見たこと無いんだけどコンソール版の方が明らかに面白そうな作りなんだよなぁ。別にVegasの様にカジュアル風の味付けにする必要は無いんだけど、
グラフィックの質感、マップの作り、敵AI、もっと進化させてほしいわけで。

システム


PC版のGRAW2はPC版GRAW1同様に、コンソール版のGRAW2と違いPC向け独自のFPSになっています。

Rainbow Six Vegasシリーズの様なカバーやTPS視点は無く、単純にGRAW2でもLeanのみです。

GRAW2でGRAW1から変わったのは、仲間の見ている視点状態にした場合、その視点から指示出しが可能になった点です。GRAW1では仲間がスタックした場合、Tactical Mapから移動させるか、スタックした仲間の付近まで行って直接指示だしをしないと動けないままでしたが、GRAW2ではスタックした仲間の視点に切り替え、そのまま移動させることが出来ます。但しWASDで移動できるのではなく、部下に指示出しする方法と同じになります。

このCross-Com機能はGRAW1では何の役にも立っていませんでしたが、本作でも結局はスタック解消と、戦車移動くらいにしか役立っていません。

GRAW1で問題だった敵の超反応は一部緩和しており、固定機関銃の数も減らされています。ただし、一部マップの固定機関銃の反応速度はGRAW1と変わっていなかったりします。

体力表示はGRAW1より詳しく表示されるようになっており、把握が簡単になっています。衛生兵や体力回復ポイントはGRAW1同様存在しません。

弾薬補給はGRAW1ではミッション途中でヘリから供給されたりしましたが、GRAW2ではMuleから供給されるようになっています。また敵兵の武器を利用することが可能になっているので、弾薬不足でクリアが困難になるミッションは少なくなりました。

GRAW1で最悪だったチェックポイント形式のセーブ・ロードは改善され、クイックセーブ・ロードが可能になりました。ただし何故かクイックセーブ出来ない箇所も存在するのが気になりました。

マップは中規模から小規模程度に縮小しているのが残念でした。GRAW1の広いマップでも実は、行ける場所、迂回できる場所が制限されているのが残念だったので、その部分の改善を期待したのですが、むしろ改悪されています。逆に目的の場所が分かりやすいという利点はあるのかもしれませんが…。

PC版は英語のみで、字幕表示はできません。オブジェクトの位置は常に表示されるので迷うことは無いです。

プレイ環境


CPU : intel Core 2 Quad Q6600 (3GHz動作)
VGA : XFX GeForce8800GT 512MB (Core 670MHz , Mem 1950MHz , Shader - 1650MHz)
     ForceWare 175.16
MEM : 2GB
OS : Windows XP SP3

設定


Aspect ratio 16:9
Refresh rate : 75
Resolution : 1920x1080
Phsics : Normal
Texture quality : High
Texture filtering : Anistropic 16X
Effects Quality : High
Dynamic shadows : High
Dynamic lights : On
Post effects : High
Anti Aliasing : Off

GAME DIFFICULTY : Normal

グラフィック


設定項目は、
Aspect ratio 、 Ressolution、Refresh rate 、 Fullscreen、Brightness 、 Environmental detail、Physics、Texture quality 、Texture filtering、Effects quality、Dynamic shadows、Dynamic lights、Post effects、、Anti Aliasing。
ビデオメモリが256MBまでの場合 Texture qualityがMediumまでしか選べません。ちなみにGeForce 8800GTでもAnti AliasingはOFFかSmooth Edgeしか選べませんでした。

グラフィックの設定を最高にし1920x1080の解像度でプレイしましたが、殆どの場所で60フレーム以上、凄く重くなる箇所でも40フレーム前後とプレイするのに支障はありません。ただしForceWare上から強制的にアンチエイリアスを使用する設定にしてもアンチエイリアスが有効にならないのはGRAW1同様です。

英語版WikipediaによるとGRIN Diesel Engine version 7を使用しており、Ghost Recon Advanced Warfighter(以下GRAW1)から比較すると、ライティングが多少向上?、テクスチャの質感が向上、オブジェクトデティールが向上、といった感じです。またミッションによっては、開始と終了時では天気が変化しているのも有ります。

GRAW1と違い郊外での戦いが多いため、自然表現にも力が入れられており、はげた山肌や、大型の送電線、スラム街風の家々も丁寧に作られています。その一方で、大都市マップは無いものの中規模程度の都市での戦いがあるのですが、都市の表現レベルでいうとGRAW1の方が優れているように感じました。

GRAW1同様HDRの光は印象的なものの、メキシコ付近での戦いのためか全体的に黄色風の味付けがされており、そこがやはりGRAW1と同じく残念でした。
それと溢れ出す光を表現するためかモヤっとしているのも残念です。もう少し突き刺すような光の表現があっても良いと思います。
(トレーニングミッションが最も綺麗に表現できている)

爆発類のエフェクトはGRAW1同様に激しく、目を見張るものがあります。ただし炎のエフェクトはあまり進化していないのが残念でした。PhysX PPU カードを搭載している場合は、より一層激しいエフェクトを楽しめるらしいです。

サウンド


GRAW1と同じメインテーマはGRAW2にも継承されており、個人的に最高のBGMです。それ以外にも戦闘シーンやブリーフィングでは緊張感を高めてくれるBGMがチョイスされており、GRAW1同様センスの高さを伺わせます。

但し、ミッションクリア後やゲームクリア時にかかるハードロックはGRAW1同様に不必要な存在に感じます。
ハードロックが嫌いなのではなく、作品と全く有っていないメロディーラインなのが問題です。

銃器関連のサウンドはGRAW1同様に良く出来ており問題に感じる箇所はありませんでした。

スクリーンショット


pc_graw2_1920x1080_01a.jpgpc_graw2_1920x1080_02a.jpg
左、AかBを選んで開始することが出来る
右、部下の視点で直接指示出しが可能になった
pc_graw2_1920x1080_03.jpgpc_graw2_1920x1080_04.jpg
左、キャラクターや武器の質感は良いんです
pc_graw2_1920x1080_05.jpgpc_graw2_1920x1080_06.jpg
左、役に立たないMule
右、Tactical-Mapは使いやすくなった
pc_graw2_1920x1080_07.jpgpc_graw2_1920x1080_08.jpg
左、スタックしちゃった…
右、爆発エフェクトは派手で爽快
pc_graw2_1920x1080_09.jpgpc_graw2_1920x1080_10.jpg
右、デコボコした質感は良い
pc_graw2_1920x1080_11.jpgpc_graw2_1920x1080_12.jpg
右、対空兵器破壊が今回も多い
pc_graw2_1920x1080_13.jpgpc_graw2_1920x1080_14.jpg
左、このミッションは暗いんだが雰囲気は非常に良かった
右、RPG!
pc_graw2_1920x1080_15.jpgpc_graw2_1920x1080_16.jpg
右、暑くて乾いた質感は良いのですが、似たようなマップが多くて
pc_graw2_1920x1080_17.jpgpc_graw2_1920x1080_18.jpg
左、潜入ミッションも有り、但し簡単になっている
pc_graw2_1920x1080_19.jpgpc_graw2_1920x1080_20.jpg
左、ブリーフィングでは教えてくれないけどヘリや戦車が突然出てくるのでZEUSは常に装備していて良いくらい
右、個人的に最悪だった橋マップ、なぜなら最初から運要素が絡んでくるから

参考サイト


http://www.ubi.com/US/Downloads/Info.aspx?dlId=2265
1.05パッチが出ています

Ghost Recon Advanced Warfighter Add-on page
シングルプレイ時の一部マップで必ずクラッシュするので以下のサイトを参考にMOD導入をお勧め



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons