「Team Fortress 2」 面白かった! | 雑雪帳

「Team Fortress 2」 面白かった!

週末のTeam Fortress 2の無料体験期間にちょこっとTF2をプレイしましたが、いやー面白いですね!
こうプレイしてすぐに高揚感が出てきてね、5時間ぐらいぶっ通してプレイしました。
この高揚感はWolfenstein : Enemy TerritoryやBattleField 2をプレイしていた時と、
似た感覚がありました。

個人技に頼る部分も大いに含まれていますが、チーム全体で考えて行動しないと
勝利できないゲームデザインは非常に素敵ですね。
加えて豊富なクラス(メディックやソルジャー)でその場、その場に合わせて選択が
出来、チームの状況に応じて臨機応変に対応が可能なのも魅力的。
というより、対応しないとエンジニアのセントリーガンやヘビーのミニガンの餌食に
なりかねない。

それより開発者のコメント機能も見れたんですが、
その中でTF2では手榴弾を意識して排除した、という部分に強い印象を受けました。
今回TF2をプレイするまで当たり前のように手榴弾があると思っていましたから。
すべてのクラスで手榴弾は使えません。(似たようなのは1クラスに存在しました)
tf2_00.jpg
開発者 Adrian Finol氏による、手榴弾削除の意図

当たり前の様に存在していた手榴弾がゲームを退屈にしていた理由がよくわかりますね。
BFシリーズ開発者には参考にしてほしいなぁ。

( BF2のリリース直後のバージョンは、そりゃもう酷かった。
 C4設置、即爆破の繰り返し、手榴弾の雪合戦…。
 途中のパッチでC4は制限されましたが、手榴弾に関しては制限ほぼ無かったと記憶しています。
 市街戦マップのカルカンドはスタートダッシュ直後のC4と手榴弾の雨あられ。
 まぁバカ要素としては面白いんですが、それが連続するとちょっと、ね…と。 )

今回のTF2では上手いロケラン使いに恐怖感を覚えましたが。

そんなこんなでTF2の無料体験期間は終わったわけですが、
今積んでるゲームが終わったらOrange Box買います。
$39.99に値下げされてお買い得感ある価格なんで。

tf2_01.jpg
このクオリティでも重すぎてプレイできない程ではない。
( 流石に爆発エフェクトが大量に出るとフレーム落ちますが )
フォトリアル系では古臭さがあるSource Engineですが、それ以外では可能性を感じさせられました。
上の2枚のスクリーンショットは4x MSAAなんですがNPRだとキツイ感じですね、
6xか8x AAは欲しくなってくる。
まぁマルチプレイ中はフレームレート稼ぐ派ですがね。

Non Photo Realistic (NPR)に関しては下記の記事が詳しくて面白い。
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071227/3d.htm
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080228/3de.htm



>拍手コメントの方
レビュー読んでいただき、ありがとうございます。
TF2は面白すぎて時間泥棒ですね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons