短評 PC 「Call of Duty 4 Modern Warfare Demo」 | 雑雪帳

短評 PC 「Call of Duty 4 Modern Warfare Demo」

4Gamer.net ― ドラマチックに撃ちまくれ! 「Call of Duty 4:Modern Warfare」のデモ版を掲載

プレイ環境は
CPU : intel Core 2 Quad Q6600 (3GHz)
GPU : GeForce7900GT 256MB (Core 520Mhz , Mem 840Mhz DDR)    
     ForceWare 169.09
MEM : 2GB
グラフィックオプション
Video Mode : 1280x720
Aspect Ration : Wide 16:9
Anti-aliasing : 2x
Sync Every Frame : No
Dual Video Cards : No
Shadows : Yes
Specular Map : Yes
Depth of Field : Yes
Glow : Yes
Number of Dynamic Lights : Normal
Soften Smoke Edges : Yes
Ragdoll : Yes
Bullet Impacts : Yes
Model Deital : Yes
Water Deital : Yes
Number of Corpses : Medium

Texture Settings
Texture Filtering : Automatic
Anisotropic Filtering : Center
Texture Quality : Manual
Texture Resolution : Extra
Normal Map Resolution : Extra
Specular Map Resolution : Extra

重い箇所では20fps、軽い箇所では60fps
平均して30fps以上。

グラフィックは最新のテクノロジーのオンパレードではなく、
現状使えるのを盛り込んで、綺麗に仕上げた感じです。
そのお陰で、綺麗な割りに軽い動作を実現しています。
特にライティング、スモーク、Depth of Field(被写界深度)、
キャラクターアニメーション等が見所でしょうか。

ゲームは王道中の王道的なFPSといった感じでしょう。
銃器を用いて、ルート上の敵を排除し、スクリプト湧きの
キャラクター指示に従う。
これだけ読むと駄目な烙印を押しそうになりますが、実際には
異常なほどの銃撃と爆発炎上、ヘリの攻撃等々が
ゲームを盛り上げ、臨場感を出すのに成功しています。

進行上のルートは一本道ですが、達成オブジェクトに到達するまでの
道は幾つか用意されており、ユーザーに選択権があるのも良いです。

また本Demoでは現代戦では有名な銃器類が多数登場しているので
好きな人はプレイする価値ありでしょうか。
ただ常にフルオートなのは個人的に不満ですが。

CPU使用率は2コアまで有効利用されているかと思われます。
cod4_demo_cpu_usage.png


評価 :
グラフィックは全体的なバランスが考えられており、軽い割りに綺麗な映像を楽しめます。
銃撃戦は迫力があり臨場感があるものの、現代戦でこれだけ見方側の死体が転がっているという設定には違和感を覚える。
また内容自体はCoDシリーズのDemoの焼き直しに感じた。初めてFPSをプレイするならCoD4を買っておけば問題ないでしょう。

以下スクリーンショット
cod4_demo_00.jpgcod4_demo_01.jpg

cod4_demo_02.jpgcod4_demo_03.jpg

cod4_demo_04.jpgcod4_demo_05.jpg

cod4_demo_06.jpgcod4_demo_07.jpg

cod4_demo_08.jpgcod4_demo_09.jpg

cod4_demo_10.jpgcod4_demo_11.jpg

cod4_demo_12.jpgcod4_demo_13.jpg

cod4_demo_14.jpgcod4_demo_15.jpg

cod4_demo_16.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons