レビュー intel 「Core 2 Quad Q6600」を導入&ベンチマーク | 雑雪帳

レビュー intel 「Core 2 Quad Q6600」を導入&ベンチマーク

intel_core2quad_q6600_06.jpg
intel Core 2 Quad Q6600 (2.4GHz)を導入しました。Kentsfield , G-0ステッピングで、現在は3万3千円前後で購入可能です。残念ながらVIDは1.3000vで低VIDでは無いです。

■ARK | Intel® Core™2 Quad Processor Q6600 (8M Cache, 2.40 GHz, 1066 MHz FSB)

■intel - Core 2 Quad Q6600を導入 ←今ココ
■Scythe - Ninja Plus Revision B を導入
■abit - IP35-E (P35 + ICH9)を導入
■Team Elite - DDR2-800 1GBx2 を導入
■XFX - GeForce 8800GT レビュー
■XFX - GeForce 8800GTその他のベンチマーク
■ASUS - P5Q PRO 導入
仕様


Spec : intel Core 2 Quad Q6600
Code Name : Kentsfield
Revision : G0
Core Speed : 2400MHz
Multiplier : 6x - 9x
Bus Speed : 266 MHz
L2 Cache : 2 x 4096KB

CPU-Z
intel_core2quad_q6600_01.pngintel_core2quad_q6600_02.png

オーバークロック


CPU : intel Core 2 Quad Q6600 (3GHz, 333x9)
MEM : 2GB (Team Elite DDR2-800 1GBx2)
M/B : abit IP35-E (P35)
VGA : Leadtek - GeForce 7900GT
OS : WindowsXP SP2

Q6600の場合266x9=2394(2.4GHz)動作で、FSBを333にし333x9=2997(3.0GHz)動作のオーバークロックが結構動くらしいので、早速オーバークロックを実施すると、定格電圧1.3vで3GHz動作が可能でした。
intel_core2quad_q6600_03.pngintel_core2quad_q6600_04.png
intel_core2quad_q6600_05.png

こっから先のオーバークロックは定格電圧1.3vでは、エラー無しでは難しくVcore電圧を上げる必要がありそうです。個人的には3GHzで動いてるんで満足です。
(例えば定格電圧で3.2GHzでSuper PI / mod1.5 XSが動いても、ORTHOSやTripcode Explorerでエラーが発生して常用が無理)

ベンチマーク結果


GeForce 8800GTとの組み合わせは別ページに記載。
XFX - GeForce 8800GTその他のベンチマーク

Super PI / mod1.5 XS (1M Calculation)
2.4GHz動作時 - 21.688s
core2quad_2.4ghz_00.png
3.0Ghz動作時 - 17.329s
core2quad_3.0ghz_00.png

CINEBENCH R10 (CPU Benchmark Rendering 1 CPU)
2.4GHz動作時 - 2445 CB-CPU
core2quad_2.4ghz_01.jpg
3.0Ghz動作時 - 3059 CB-CPU
core2quad_3.0ghz_01.jpg

CINEBENCH R10 (CPU Benchmark Rendering x CPU)
2.4GHz動作時 - 8597 CB-CPU
Multiprocessor Speedup : 3.52x
core2quad_2.4ghz_02.jpg

3.0Ghz動作時 - 10720 CB-CPU
Multiprocessor Speedup : 3.50x
core2quad_3.0ghz_02.jpg


感想


実はE6750も使って楽しんだんですが導入後、沸々とQuadを使ってみたい欲望が出てQ6600に乗り換えたというのが顛末です。
タスクマネージャーに4つのグラフが表示され、自己満足している状態。
tm_4core.png

総じて満足感の高いCPUですが、3Dゲームをメインに考えている場合はQuadコアはまだ必要ないかもしれません、特に多くのゲームがマルチスレッドに対応していても大抵の場合2コアまでしか上手く利用していないようです。

動画編集やエンコード、マルチタスクな人には現時点で最もコストパフォーマンスが良いCPUかと思います。
(勿論ゲームにも能力を発揮できる)
今後はAMD陣営もPhenomを、intelはYorkfieldを投入しより4コアが一般的になってから買うというのも賢い判断でしょう。

ただしリテールクーラーはCPU温度が高くなると(55度前後)、かなり高速で回転し明確にうるさいと感じることが出来ます。導入予定の人はパーツメーカーから出ている大型のCPUクーラーと組み合わせるのが最適でしょう。
(最高速の場合Core 2 Duoシリーズのリテールクーラーよりうるさくなる)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons