レビュー Xbox 「Dead to Rights」 | 雑雪帳

レビュー Xbox 「Dead to Rights」

xbox_deadtorights_01.jpg
2002年にXboxで発売されたDead to Rights のレビューです。古い作品ですので短めのレビューにしておきます。

■Xbox/デッド トゥ ライツ | Dead to Rights | バンダイナムコゲームス公式サイト
■PS2/デッド トゥ ライツ | Dead to Rights | バンダイナムコゲームス公式サイト
シングルプレイ


3Dアクションゲームとしてはオーソドックスな、主人公を後ろから見るシューティングアクションゲームです。右トリガーで敵を自動ロックオンし、Aボタンで射撃をします。
また、お供につれた犬を攻撃に参加させることが出来、ボスクラス以外なら一発でしとめ、武器弾薬を奪ってくれるので非常に便利な脇役です。

カメラは殆どの場所でフリーカメラで動かせますが、自分の意図した方向とは逆に動く場合や、場所から場所へ移動する際にカメラが反転する場所が多々あるため、自分でカメラ位置を調整させられる箇所が多いのでストレスを感じてしまうかもしれません。

ゲームの特徴は敵をその場で捉え、盾にすることで、敵の攻撃を避ける点、壁に張り付き隠れつつ射撃を行う、今流行のカバーリングがある点、マトリックスやMax Payneにあるような、スローモーションもある点、でしょうか。
ただ意欲的に取り入れた分、それをゲームの流れの中で上手く生かしきれていないので非常に勿体無いな、と感じました。
xbox_deadtorights_02.jpg
xbox_deadtorights_03.jpg

特にカバーリングは壁に隠れていても敵がこちらに迫ってくるパターンが多々あり、壁に隠れている意味が無い状態にさせられるので意味が無くなるのが殆どです。
また途中からカバーリング出来る場所(壁だけ)が無く、隠れることしか出来ない場所だらけで折角のカバーリングを生かしきれていないのも勿体無いなと。(壁以外はカバーリング射撃が出来ない)

スローモーションは使っても使わなくてもクリアできるのでこのゲームに取り入れる必要があったのか謎です

またシューティングアクションであるのに、所持できる銃弾数が限られて
(M4やAKMの突撃銃は30発ずつしか持てない、その代わり他の武器を沢山持てる)
ガンガン撃ちたいのに弾切れをさせられたりするので、ここも残念な所。

xbox_deadtorights_04.jpg
FPS視点も出来るもののスナイパーを使う時か特定の対ボス戦のみ、突然後ろから敵が沸いてくるパターンがあるため、これも有効活用できる場所が少ない。
ストーリーは意外と面白いものの、キャラクターに魅力が無いのであまり引き込まれる事はないかと思われます。

レベルデザインはオーソドックスな展開が続きますが、敵側に有利な構造が多く多少ストレスが溜まるかと思われます。また場所によっては敵が無限に沸いてきたりと、こちらもストレスを溜めるかもしれません。

最後に、大量に重火器を揃えた状態で敵を打ち倒していく瞬間や、カバーリングしつつ銃撃を加える、火炎瓶を投げ込み一気に燃やし殺したりと面白い要素もあります。そういったシューティング部分が好きな人には一度プレイする価値はあるかと思います。
国内ではXboxとPS2で発売されたので1000円以下なら試してみてはどうでしょう。

グラフィック


2002年かつマルチ展開タイトルのためXboxとしては映像的特長は無いですが、Xbox版はワイド対応・プログレッシブ対応・60fpsに対応していました。

サウンド


取り立てて凄い部分は無し、銃の射撃音が迫力無く残念でした。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons