ASUS 「A8N-E」をオーバークロック | 雑雪帳

ASUS 「A8N-E」をオーバークロック

今更Socket939のネタですが自分用の覚え書きです。
ASUS A8N-Eをオーバークロックする際の注意点
Windows上からClockGenを使いオーバークロックすると
PCIクロックが固定されず上昇する。
BIOSのJumperFree Configuration - CPU Frequencyを200から201等にする。

565 名前:Socket774 :2005/06/08(水) 21:33:17 ID:OczLASB8
いや初期不良じゃなくて、これってA8Nの仕様じゃないの?
BIOSでFSBを201にしてもPCIが引っ張られるっていうのなら、


この情報に助けられた。
PCI Synchronization Modeを33.33MHzに固定。

次にHyperTransportのクロックを1000MHzに抑える必要がある。
HTTは1000MHzで動作する、これが1200MHzになると動かなくなったりするんで
HTTの倍率を変更する。
BIOSのCPU Configuration - Hyper Transport Frequencyを5xから4xに変更
(よりオーバークロックするなら3xとかに)

次にメモリ。
DDR400対応のメモリの場合クロックは通常400MHz(200MHz)動作、オーバークロックすると
220Mhzや230MHzになり、オーバークロック耐性が低いメモリの場合コケるので
BIOSからDDR400MHzからDDR333MHzに落とす。
DRAM ConfigurationでManualを選び、Memclock index Valueで333を選ぶ。

後はWindows上からClockGenを使えば、リアルタイムでオーバークロックを試せる。
ClockGenのダウンロードページ
左上のDownload latest versionの所のを選ぶ。
cap0174.png


※2008年04月20日
(拍手貰ってる様なので追記)
ClockGenが上記サイトからはダウンロードできなくなっているので以下のサイトから、
ダウンロードできるようです。
http://www.softpedia.com/progDownload/ClockGen-Download-7125.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons