スマホゲーム「青空アンダーガールズ」がスゲェパネェんだけど | 雑雪帳

スマホゲーム「青空アンダーガールズ」がスゲェパネェんだけど

aogaru_01.png
 スマホで遊べる音ゲー風カードゲーム「青空アンダーガールズ」 (以下あおガル)が技術的に凄い事をやってるので、アイドル系のゲームに興味が無い人でもベンチマーク的な意味でインストールしてみて。

青空アンダーガールズ!
カテゴリ: ゲーム, カード, ソーシャルネットワーキング, ミュージック



Google play 青空アンダーガールズ!
青空アンダーガールズ!評価: 3.0 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/15 時点)


1.ロードが殆ど無くて快適


 データの逐次インストールも可能だけど一括インストールがおススメ。
最初の起動画面のロード、Wi-Fi環境で9秒弱とかなり頑張ってる。デレステの起動だと7秒弱なんですが、あおガル凄いのがトップ画面に出てくるの3Dキャラなんすよ。

aogaru_02.jpg
この赤毛の子が3Dで背景が2D、トップ以外のロードも殆ど感じない作りで驚いた。
あおガルの後に別ゲーム遊ぶとロードが長いってのがスマホゲームでは致命的な問題なんだと感じました。

2.グラフィックも頑張ってる


 デレステのリッチモードには追いついてない(テクスチャの繊細さとか反射とか)、しかしスマホでしっかりしたクオリティ?こんなにロード少ないのに?っていうポジティブな感想だけ。
しかもだこのMVのダンスシーン、キャラクター毎に振り付けをずらしてるのでロボットが踊ってるような固い雰囲気が全然無い。

デフォルトの状態だと標準画質、30fpsに制限されてるが設定で高画質、60fpsに変更するとかなり美しいグラフィックを堪能できる。

aogaru_03.jpg
1枚目が標準

aogaru_04.jpg
2枚目が高画質設定、ステージが別なのでアレなんだけど質感が全然違う。
(解像度が低いのは使ってるのがiPhone 6sだから、ジャギってるけどスマホの小さい画面で見ると気にならない)

あとは公式の動画を見て


3.まさかのVRモード搭載


aogaru_05.jpg
aogaru_06.jpg
 アルバム → VRを選ぶとVRモードを楽しめる。
私はVRゴーグルを持ってないので楽しめないんだけど、ジャイロモードも搭載されてるのでキャラクターが近づいてくる!っていう感覚を疑似的に感じることは出来る。
aogaru_07.png

4.曲も良いゾ!




上のグラフィックでも紹介した「Karisome Irony」が個人的にお気に入り。


夏っぽさ満載の「トキメキサマー」もベタだけど良い。


「STAR☆TING!」は完全にベッタベタ、もう本当に王道。


「Beyond the tears」の中で歌ってる歌詞「この上昇気流~」の部分の振り付けめっちゃ良くないですか?

5.終わりに


 最初にも書いたようにこの記事、ステマとか金貰ってるとかは無いっす、むしろダイレクトマーケティング。

書いた理由は
・事前登録キャンペーンで応募してたハガキが届いたから
・シンデレラガールズの森久保でCVやってる高橋花林さんが出てる
・インストールしてみたらロードが短くてサクサク動いた
・グラフィックも悪くない? → 高画質モードにしたら良い!
・このゲームを開発したチームは称賛されるべきだ
っていう事。


 それと大切な事なんだけど売り上げがランキングがちょっと厳しい感じってのも書きたくなった理由の一つ、というのも発売元のスクウェア・エニックスはブランドを長期育成方針が無い。(最近もスマホゲームで終了したタイトルが複数ありましたね)
同時期に「スクールガールストライカーズ」の音ゲー、「スクメロ」が出ちゃって同じスクエニで何してんだよ…と。あおガルも厳しい立場に置かれていて、来年の夏まで持てば良いかなぁと薄々思っています。
(厳密には音ゲーじゃないんでジャンル違いだと言われると返す言葉も無いんですが……)

 ただそれでもこのゲームをインストールすると、これ開発したチームどこだ!?ってくらいに驚く要素が詰まってて何とか一人でも多くの人に、このゲームが存在していること、開発チームの地力によってゲームへの印象が大幅に変わるってことを伝えたかったんです。
開発会社はハ・ン・ド、詳しくはWikipedia参照してください。
■ ハ・ン・ド - Wikipedia

これ見ると少しまえに終わった「アイドルクロニクル」って作品も開発してたのか。
(ニコ生とかラジオには触れててちょっとだけ応援してたんですが当時はスマホにこういう類のゲームを入れるの躊躇してて、触れずにサービスが終わってしまいました。)
アイドルクロニクルの駄目な部分というのが体感で分からないので説明し辛いんですが、当時のユーザーが述べていた不満(重い、ガチャが厳しすぎる、曲が少ない)といった部分をあおガルで感じることは無いです。
(ガチャに関してはまだ様子見)
それとコンソールの方でアイカツシリーズもやっているらしいので、ライブ部分の見せ方が上手いなぁと。あとバンダイナムコとの繋がりがあるっぽいですね。

 ここまでポジティブな意見を書いてきたんだけど最後にネガティブな部分も。
こんだけ褒めといてアレなんですが、肝心のゲーム部分の面白さを未だによく分かってないです。
普通に音ゲーとして遊びたい気持ちが強いんですが、ライブ中のバトルはカードを選んで戦う仕組み、音ゲー苦手な人も遊びやすいシステムなのかなぁと感じます。
aogaru_08.jpg
厳しいスマホ音ゲーから別のジャンルで戦うってのはアリだとは思うんですが、やっぱ曲に合わせてノーツ叩きたいっていう気持ちも。
(最初は音ゲーだと思ったから音ゲーにしてくれと思ったのですが、遊んでると曲のクオリティ高いぞ…ノーツ欲しい…ってなります)
そこをどうするかって発売元であり運営してるスクエニ側が手綱を握ってるはずなんで、運営は「あおガル」を今後どうしたいんだろう?っていうのが今の気持ちです。
UIもゴチャゴチャしてて分かりづらい、イベントが大量すぎてどれ選べばいいか迷う、ガチャの仕組みも沢山あってどれがどれだか分からんぞと。

あとはもうブランドの根幹部分で開発の話とは別の部分になりますが、ラジオやニコ生、リリイベとかで小さくても定期的な「祭り」みたいなのが無いとファンの熱意って続かないよってことです。
そこにゲーム側が連動して何かが起きるっていう仕組み(簡単に言うと石配布とか限定イベントとか)があると面白いんだけど、どうなるんだろうなぁ。

※追記
 上のゲーム部分の楽しさという部分は未だによく分からないものの、ライブ開始前のトレーニング部分、ライブバトル本編、その両方スキップが可能です。
これ時間節約したい時にはかなり便利な機能だなと感じました。というか普通こういうバトルの大事な部分でスキップ使わせる判断って運営側としては止めて欲しいと思うんだけど、これはこれでアリだなと感じました。


■ 青空アンダーガールズ! | SQUARE ENIX 公式サイト


青空アンダーガールズ!
カテゴリ: ゲーム, カード, ソーシャルネットワーキング, ミュージック



Google play 青空アンダーガールズ!
青空アンダーガールズ!評価: 3.0 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/15 時点)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons