Monacoinを採掘してみよう | 雑雪帳

Monacoinを採掘してみよう

internet_kasou_tuuka.png
 暗号通貨というか仮想通貨の一つであるMonacoin(モナーコイン)を手持ちのGPUで採掘してみました。
 結果から申し上げるとAMD Radeon RX480だとハッシュレートが低いので、GeForce 1050以上のGPU持ってる人ならモナーコイン採掘に向いてんじゃないかなぁと。


サイト


■ モナーコインプロジェクト
公式サイトにあるアプリでウォレットが作れるのでそれをDL、採掘前にコイン用の財布が必要なので必須。

■ Start-MonaCoin スタートモナコイン
スタートモナコインがアプリの使い方から採掘まで一通りかいてるいるのでオススメ。とりあえずMonacoin Coreウォレットで財布(アドレス)作るとこまで読んで。

採掘プールに登録


 パソコンのGPU使って採掘するには自分一人で採掘する「ソロ」と、みんなで採掘する「プール」の2つがあるんだけど今回はVIP Poolに登録して採掘を行います。ソロとかは他サイトで探してください。

■ VIP Pool - Monacoin採掘所 - Home

monacoin_01.png
・その他 - 登録、で必要事項を全部記入

 記入までに時間が掛かるとやり直しが発生するんで注意。登録事項に問題が無ければVIP Poolからメールが来て登録完了のアドレスが送られてくる。

ワーカーを追加する


monacoin_02.png
・アカウント - ワーカー - 新しいワーカーの追加

ワーカー名とワーカーのパスワードを指定、VIP Poolに登録した際のユーザー名やパスワードとは別のを指定した方が良いんじゃないかな。

採掘ソフトを用意する


※ここではAMD Radeonでの採掘を前提に話をすすめます。

■ Releases · djm34/sgminer · GitHub
sgminer_binaries.zipをダウンロードして適当なフォルダに解凍。

■ sgminer を高速化サセようぜ - Ask Mona
ここのレス番号76に書かれているsgminer_windows.zip、
それとレス番号83に書かれている、kernel-20160515.zip
をDLして解凍。

 一番最初に解凍したsgminer_binaries.zipのフォルダに、2番目で(レス番号76の)sgminer_windows.zipを解凍してできたsgminer_windowsフォルダの内容を全部上書きコピー。

次に3番目(レス番号83の)kernel-20160515.zipを解凍してできたkernelフォルダ内にある7つのファイルを、1番最初に解凍したsgminer_binaries/kernel/に上書きコピー。

採掘に利用するGPUを調べる


sgminer_binariesフォルダに、
・右クリック - 新規作成 - テキストドキュメント - 新しいテキストドキュメント.txt
を作成し適当なファイル名に変更(ここではdevice_detect.bat)。
ファイルの内容は

sgminer.exe -n

pause



するとデバイスの番号が出てくるので、これを後ほど利用する。
monacoin_03.png
↑ここだとRX480の番号が0

採掘用のbatファイル作成


先ほどと同じように新しいテキストドキュメントを作って適当なファイル名に変更(ここではstart.batに)、ファイルを編集。

setx GPU_MAX_HEAP_SIZE 100
setx GPU_USE_SYNC_OBJECTS 1
setx GPU_MAX_ALLOC_PERCENT 100
del *.bin

sgminer.exe --kernel Lyra2REv2 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u VIP Poolに登録したユーザー名.ワーカー名 -p ワーカーパスワード --no-submit-stale --gpu-platform 0 -I 18

pause



・VIP Poolに登録したユーザー名とワーカー名、ワーカーパスワードはVIP Poolに登録した際のもの。

・--gpu-platform 0、先ほど採掘用のRX480が番号0だったのでここで0を指定しています。環境によって異なるので正しい番号を指定します。

・最後の-I 18、これ19以上にすると採掘が止まるので18で止めています。初期値の8だとハッシュレートが低いままなので変更しています。GPUによって最適な数値が異なりますが高くし過ぎるとGPUが止まります。

採掘してみる


job_sekitan_horu.png
では実際に採掘してみましょう、先ほど作ったstart.batをダブルクリックして開始。

monacoin_04.png
初回起動時は時間が掛かりますが気にせずほっときましょう。
RX480 8GBだと9.4MH/s前後で採掘が進んでいますが消費電力に対してハッシュレートが低い。もっとハッシュレートを稼ぐにはGeForceシリーズがMonacoinには良いのではないでしょうか。

主なGPUのハッシュレート Pascal編 (Lyra2REv2のハッシュレート推定値)
GTX1050 10.01MH/s
GTX1050Ti 11.49MH/s
GTX1060 23.39MH/s
GTX1070 35.88MH/s
GTX1080 47.68MH/s


引用元 : 【マイナー必見】ソロマイニングに対応したよ【高速化Part2】 - Ask Mona

※追記 ハッシュレートをもう少し改善する


採掘用に作った上記batファイルを編集します。

setx GPU_MAX_HEAP_SIZE 100
setx GPU_USE_SYNC_OBJECTS 1
setx GPU_MAX_ALLOC_PERCENT 100
del *.bin

sgminer.exe --kernel Lyra2REv2 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u VIP Poolに登録したユーザー名.ワーカー名 -p ワーカーパスワード --no-submit-stale --gpu-platform 0 -I 18 -g 3

pause



-I 18の後に -g 3を追加する11MH/s弱まで出るようになりました。



 というわけでGPUを持っているなら採掘をすぐに開始できちゃうのですが、残念なことに採掘向けといわれるRX480はMonacoinの採掘には向いてなかったようです。
これからガチで採掘するならGeForceを複数仕込んでリグにするか、もしくは取引所でMonacoinを直接買うのが電気代とか考えるとよろしいかもしれません。ZaifならMonacoin取引してますし。

 6時間くらい採掘して(その間ずっとGPUが100%に張り付く)、採掘できたのは0.6 MONAほど、1MONAが約36円なので約22円ほど獲得できました。んが電気代を考えると微妙かなと。

MONA : M97Eb9eKrh5smRcLUFiVMTKnvRfQiX3r4E




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons