3週間程度使った感想 RADEON RX480 | 雑雪帳

3週間程度使った感想 RADEON RX480

kuroutoshikou_rx480_04.jpg

■ レビュー 玄人志向 「AMD RADEON RX480」
レビュー記事を書いてから3週間ほど経過した感想、特に熱、再生支援、VSRについて。
温度


kuroutoshikou_rx480_08.jpg

23度の室内、ケースのフロントファンから吸気、CPUクーラーと背面ファンから排気。

radeon_rx480_gpuz_02.png
Chromeでタブ開いてニコニコ動画をHTML5再生させている状態。
GPU温度は56度前後で59度まで上がるとファンが回転し始める。回転速度は500rpm程度なので非常に静か、50度まで下がるとファンが停止。
バックプレートはほんのり暖かいがヒートパイプは低温やけどするほど熱い。

※追記
radeon_rx480_gpuz_03.png
GPU-ZのRender Test実行時の各種センサー。
室温20度程度で、GPUは80度、ビデオカードの排気口から暖かい空気が出てくるのがハッキリ分かる。
ファンスピードは40%使用で900rpm前後、この程度の回転数だと回っているのかどうかがケースに耳を近づけないと分からない位の音。

YouTubeの動画再生支援


RX480のプレスリリースやレビュー記事などではVP9に対応と書かれている。
期待していたもののRadeonソフトウェアバージョン17.2.1ではChromeでYouTubeのVP9ビデオに対する再生支援は動いておらず残念。
■ AMD、「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードの発売開始

「Radeon™ RX 480」にはAMDで最も多用途なデコード・アクセラレーターが搭載され、NetflixやAmazonなどでの10ビットHEVCを使った美しい映像、Twitchストリーム配信におけるH.264ビデオ、YouTubeにおけるVP9ビデオ、およびSkypeなどのアプリケーションでのHEVCとMJPEGを使った極めて鮮明なビデオ通話などを実現します





■ Gran Turismo Sport Trailer PSX 2016 - YouTube
RX480に乗せ換えた直後に興奮しながら上記動画を開いたらCPU使用率が跳ね上がったので何だコレ…と。
(動画で右クリックし詳細統計情報を表示、mime Type:video/wemb;codecs="vp9"と表示されたらVP9の動画)

■ Crimson ReLive EditionのVP9デコード支援|Blueskyの開発日記
上記Bluesky氏のblog記事に詳しい事情が書かれている。

VSR (Virtual Super Resolution)は面白い


■ その名は「Catalyst Omega」。AMD,Catalystの大規模アップデートを発表 - 4Gamer.net

詳しくは4gamer読んでほしい、簡単に言うと3840x2160で出力してRadeonドライバ側で1920x1080にダウンサンプリング出力、そうするとフルHDより高精細な画質を楽しめるよね、という仕組み。
ぶっちゃけNVIDIAが先に出したDSRの後追いじゃねーのと。
■ 「Dynamic Super Resolution」を試す。「ディスプレイ解像度を超えた精細感をゲームにもたらす」という新機能は使えるのか - 4Gamer.net

ABZUでVSRを有効にしたスクリーンショット、3840x2160なのでファイルサイズが巨大なので注意。
radeon_rx480_vsr_08.jpg
radeon_rx480_vsr_07.jpg

BF3 (かなり軽いゲームなのか60fps以上でる)
radeon_rx480_vsr_09.jpg
radeon_rx480_vsr_10.jpg


ゲーム以外の通常デスクトップでもVSRは使えます

radeon_rx480_vsr_01.png
デスクトップ右クリック → Radeon設定 → ディスプレイタブ → Virtual Super Resolution を「オン」

radeon_rx480_vsr_02.png
デスクトップ右クリック → ディスプレイ設定 → ディスプレイの詳細設定 → 解像度から「3840x2160」を選び適用

radeon_rx480_vsr_03.png
ディスプレイ設定画面に戻り、 「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する : 200%」にし、Windowsから一旦サインアウト
(サインアウトしないとスケーリングが適用されず描画がおかしくなるアプリが出る)

radeon_rx480_vsr_06.png
ブラウザ等で文字を表示させると繊細さが増し、フォントが滑らかになった印象を受ける。ただ細かい文字は逆に色が薄くなるような副作用があるので逆に読みづらい。

radeon_rx480_vsr_05.png
EAのOriginのようにメニュー部分がスケーリングに非対応だと使い勝手が非常に悪い。



VP9再生支援が現状残念な状態なのを除いてRADEON RX480に対して結構満足している。値段も2万3000円前後ならRX480発表時の値段に近く納得できる価格だと思う。
FluidやReLiveは別ページで紹介予定。

AmazonではSapphireのRX480 8GBモデルが22,179円とかなり安く売っている。補助電源も8ピンなので玄人志向の買ってなかったらコレ選んでたと思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons