DUALSHOCK3の誤作動を修理 | 雑雪帳

DUALSHOCK3の誤作動を修理

ps3_ds3_04.jpg
PS3コントローラーの左スティックを押し込むと十字キーや□ボタンや△ボタンも同時押し入力される状態になっていたので修理を行いました。
ps3_dualshock3_button_03.jpg
1. ここまで分解

ps3_dualshock3_button_02.jpg
2. この黒いスポンジ部分が経年劣化で薄くなり基盤と離れるのが誤作動の原因、と思われる

ps3_dualshock3_button_01.jpg
3.黒いスポンジと同じサイズ(2.2cm x 0.5cm)のティッシュ(6枚くらい重なった状態)をプラスチックとスポンジの間に挟み、セロハンテープでティッシュを固定、その上から黒いスポンジのフレキシブル基板の穴をフックに掛ければ完了。
基板の端子とフレキシブル基板の端子を密着させるのが目的です。


今までバッテリー裏側のケースにティッシュを数枚重ね貼り付け方法で誤作動を起こしていましたが、今回のティッシュ挟み込みを行ったところCoDの対BOTゲームを何回か繰り返しても誤作動は発生しませんでした。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons