レビュー Elgato 「Game Capture HD60 Pro」 | 雑雪帳

レビュー Elgato 「Game Capture HD60 Pro」

elgato_gamecapture_hd60pro_06.jpg
1080p , 59.94fps(約60fps) , HDMIを装備したPCI Express対応のキャプチャカードになります。H.264のハードウェアエンコードに対応。

■ 公式サイト Game Capture HD60 Pro | elgato.com
感想


良い
※追加
・59.94fps録画 (AVerMediaのCV710だと60fpsのみで不具合でる)

・ハードウェアエンコードなので録画中のCPU使用率は低い
・ビットレート14~60Mbpsまで指定可能 (1080p , 60fpsキャプチャ時)
(1080p , 30fpsキャプチャ時は8.0Mbps~34.3Mbps)
・ストリーミングサービスの対応が充実
・録画が30fpsでもプレビュー画面は60fps表示に対応

悪い
・3フレーム以上の操作遅延(ゲーム機のボタンを押してからプレビュー画面に反映されるまで)
・アマレコTV等の外部ソフトが使えない
・可逆圧縮のコーデックは使えない
・録画終了後の保存時にCPU使用率が高くなる


AVerMediaのCV710が期待通りの動きをしてくれないので、PCI Express対応のキャプチャカードを買いました。
当初の目論見だとGame Capture HD60 Proでプレビューも録画も一台で済ませようと考えていました。レビューサイトなどで遅延が少ないと書かれていたので期待していたのですが、設定を終えて動かし始めるとこりゃ遅延大きくて「Game Capture HD60 Proでゲームしながらキャプチャもしちゃうぜ!」ってのが無理に。

遅延対策として別途ディスプレイを用意するか、私のようにAVerMedia CV710と同時に動かすのが良いのではないでしょうか。幸いGame Capture HD60 ProにはHDMI出力端子も備わっているので、HDMI分配器を別途用意しなくても手軽に分配が可能です。

遅延が少ないテレビ(ディスプレイ)やキャプチャを別途持っていて、Game Capture HD60 Proは録画やストリーミングに特化するって使い方、遅延が関係しないキャプチャ用途、ここに該当するならオススメのキャプチャデバイスです。
あとロープロファイル対応なので小型PCにのっけてストリーミング担当にさせるのも良いかもしれません。



公式ソフト Game Capture HD


elgato_gamecapture_hd60pro_01.jpg
録画やスクリーンショット撮影、ストリーミング向けのサービスが充実してる。カメラやロゴの合成も対応。動作が少し重いし、プレビューの使い勝手も微妙に痒い所に手が届いてない。
ストリーミングならOBSに対応してるらしいので、そっちを使ったほうが良いかも知れません。

■ Elgato Systems | Elgato Game Capture HD60 Pro Manual and ...

設定


デバイス右下の歯車マークを押すと録画時のビットレート等が設定可能。

elgato_gamecapture_hd60pro_02.png
1920x1080 , 60fpsでは14~60Mbpsに指定可能。

elgato_gamecapture_hd60pro_03.png
1920x1080 , 30fpsでは8~34.3Mbpsに指定可能。

静止画の画質


ps4share_screenshot01.png
PS4のSHARE機能でスクリーンショット撮影(PNGフォーマット)、最も綺麗

elgato_gamecapture_hd60pro_04.png
Elgato Game Capture HD60 Proでスクリーンショト撮影、色ズレは無いけど少しだけシャープさが足りない

avermedia_cv710_screenshot01.png
AVerMedia CV710でスクリーンショット撮影、色ズレは少しあるけど許容範囲、これで普通に動くなら良いキャプチャデバイスなんだけど…。

動画の画質


全体的な傾向として
・30fpsなら低ビットレートでも意外と耐えられる画質になってる
・AVerMediaのソフトウェアエンコードと比べてブロックノイズの境界が目立ちにくい仕上がり
(CV710はシャープさ優先でブロックノイズが目立つ、Elgatoは目立つ場所がグチャっとしつつ全体の画質を保持する感じ)
・録画終了後の保存作業でCPU使用率が跳ね上がる(公式ソフトの仕様)
elgato_gamecapture_hd60pro_05.png



■ 1080p60テスト Elgato Game Capture HD60 Pro - YouTube
60fps対応デバイスでご覧ください。
PS4版 Call of Duty Ghostsを約45Mbpsで録画、YouTube側で強制エンコード。
YouTube側の再エンコードで録画時のディティールがかなり失われてしまいますが60fpsのヌルヌル具合が分かるかと。

60fps録画
同一箇所の比較が上手く出来なかったので言葉で

14Mbps : ブロックノイズが目立つ、YouTube等へのアップ目的でも少し厳しい

21Mbps : 14Mbpsよりブロックノイズが目立たない

31.4Mbps : ブロックノイズの境界が目立たなくなるのがこの辺り、激しいシーンだとグチャっとなる

上記以上 : 31.4Mbpsと同じ傾向でビットレート上げれば上げるほどノイズが目立つ箇所が減る。ただ画面全体が爆発するようなシーンだとグチャっとなるのは抑えられない。

以下30fps録画
同じ箇所取ろうとしたら微妙にズレてるので参考程度に

elgato_gamecapture_hd60pro_30fps_08mbps.png
8Mbps : 腕や暗部のブロックノイズが目立つ

elgato_gamecapture_hd60pro_30fps_12mbps.png
12Mbps : ノイズが減少

elgato_gamecapture_hd60pro_30fps_22_2mpbs.png
22.2Mbps : ノイズが目立たない

elgato_gamecapture_hd60pro_30fps_34_3mpbs.png
34.3Mbps : 腕や暗部のディティールが残ってる

本体


elgato_gamecapture_hd60pro_07.jpg
elgato_gamecapture_hd60pro_08.jpg
ロープロファイル対応、同梱はロープロファイル対応ブラケットとHDMIケーブル、あとシール

※追記
elgato_gamecapture_hd60pro_09.jpg
ビデオプロセッサは台湾MStar SemiconductorのMST3367CMK-LF-170、これは電波新聞社(マイコンソフト)のSC-500N1/DVIと同じチップ。4gamerのSC-500N1/DVI記事でも3フレーム遅延とレビューされているのでこのチップ特有の遅延なのかもしれません。
■ 4Gamer.net ― ゲーム映像に特化したキャプチャカード「SC-500N1/DVI+XSYNC-1」レビュー。PS3からアーケード基板まで,西川善司がさまざまなキャプチャに挑む

エンコーダーは台湾VATICSのMozart 395s。
■ VATICS - Products - Mozart 3s Series

スポンサーサイト

Comment

Re: 音が出ません
自分の環境だとドライバー 3.10.65以降で搭載されたSound Capture機能を有効にすると、PC上で音が消えるのを確認しました。

使ってるドライバーを入れ替てみてはどうでしょうか。
https://help.elgato.com/customer/portal/articles/1928766-elgato-game-capture-hd-software-release-notes
  • 2016/04/09 20:36
  • 管理人
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/04/06 21:45
Re: フルHDでの出力が出来なくて困っています。
コメントどうもありがとうございます。

ゲーム機 → ゲームスイッチ → HDMIセレクターの順番でも駄目でしょうか?

私の環境だとHD60 Proの出力側も問題無いです。
ゲーム機 → KanaaN分配器 → Elgato Game Capture HD60 Pro
  • 2016/02/06 00:05
  • 管理人
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/02/05 21:59
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。