感想 「世代」 | 雑雪帳

感想 「世代」

1955_sedai_poland_03.jpg
1955年、ポーランドの映画、BSの無料放送を視聴。

正直言ってあまり面白くない。
第二次世界大戦中、ポーランドの若者がナチスドイツに対抗するためレジスタンス活動に身を投じる、そういった若者の世界を描いた作品。
激しい戦闘シーンや緊張感あるスパイシーンは特に無い、俺たちのレジスタンス活動はこれからだ、でEDになってしまう。一応ナチス側と撃ち合う場面もあるものの、古い作品に有りがちなコメディチックな描き方で残念。

1955_sedai_poland_01.jpg
1955年以前のポーランドや大戦中の厳しい日常生活が見えるのは良い。しかし戦後ソ連側に組み込まれたポーランドなので作中はドイツは常に悪で、ソ連(というか共産党)側は善という描き方以外が出来ない。

1955_sedai_poland_02.jpg
とは言え2015年から見ると検閲や武力を背景にする国家、これを信奉するメディアが平和勢力扱いされるってのは何とも言えない皮肉だ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons