レビュー Corsair 「PCケース Carbide 300R」 | 雑雪帳

レビュー Corsair 「PCケース Carbide 300R」

corsair_carbide_300r_01.jpg
超久しぶりにPCケースを買い替え、Corsairの300Rになります。

■300R(CC-9011014-WW) | コンピュータ関連製品の代理店事業 l 株式会社リンクスインターナショナル
■Carbide Series® 300R Compact PC Gaming Case
外観


corsair_carbide_300r_02.jpg
左から電源ボタン、HDD LED、リセットボタン、イヤホン端子、マイク端子、USB3.0端子 x2
5.25インチベイは3つでネジ止め不要、その下に140mmのファンが1つ付属、さらにオプションで140mmか120mmのファンを追加可能。
電源およびHDDのLEDは白色LEDなので電気消した状態だと眩しい。

内部


corsair_carbide_300r_03.jpg
広すぎず狭すぎずの作り、リアファンは120mmが1つ付属、3.5インチ/2.5インチ兼用のドライブは最大4台まで搭載可能、3.5インチの場合はネジ不要、2.5インチの場合はネジで固定するタイプ。
水冷ホース用の穴は3つ、ケース上面には140mmファンx2用のスペース有り、ラジエーター用にも排気ファン用にも使える。
GPUは最大400mmの長さまで対応、シャドウベイ部分が少ないので広々してる。

組み込み


corsair_carbide_300r_04.jpg
Before、汚い(確信)

corsair_carbide_300r_05.jpg
After

乗せ替える前のケースがPentium4やAthlonXP世代に登場したケースなので最近のケースと比べると可哀想なほど方向性が違う。
300Rのゴム足や電源を下部に設置する影響なのかグラつくような不安定さは無し、また共振が床に伝わる事も無い。

corsair_carbide_300r_06.jpg
3.5インチ/2.5インチのシャドウベイ、シャドウベイレールはパカっと開いて挟むタイプ。2.5インチを固定する場合はレール横のピンを押し出してネジで固定。
(この方法が説明書に書いてないので焦ってネットで調べた)
HDDをフルに積むと熱が篭りそうですが、ケース前面のファンを回せば大丈夫そう?

corsair_carbide_300r_07.jpg
5.25インチベイ周り、固定するにはドライブをスライドさせるだけの簡易な作り。最上段に入れるとケース上部のファン固定部分と被るのが難点でしょうか。

corsair_carbide_300r_08.jpg
マザーボードのSATA周り、ケース前面のUSB3.0端子の接続やらGPU用の電源用のケーブルがゴチャゴチャになりそう。電源が裏面配線やケース下部に配置するのを考えた設計じゃない場合は綺麗に配線するのが難しいです。
( ■ 玄人志向 「KRPW-P630W/85+」を導入)

感想


※追記

■ AMDiy - Ed Callway's Tips to Building a Gaming PC! - YouTube
AMDのDIY動画で紹介されてたので貼り付けとく。

※追記
corsair_carbide_300r_10.jpg
ケース内のファン位置、あとPCI Expressスロット用にケース側面で140mm (120mm) x2の追加が可能。

1万円以下でどちらかというとゲーミングPCケース、でも窒息ケースやうるさいのはチョット…と探していたところCorsairの300Rを買っていた感じです。
同価格帯のSharkoonやThermaltakeも選択肢だったんですが海外のPCケースレビューを見ていると評価がそこまで高くないなー、うーんどれが良いんだろうと悩んでエエィと決めた、そんなとこ。

ケースは電源下部に設置、裏面配線対応、長いビデオカードに対応、液冷用のホール有りという定番をシッカリ押さえた作り。ただし裏面配線の空間は狭いので電源側のケーブルが裏面配線を考えない時代のだと結構苦労する。
それとマザーボード側のATX12V (EPS12V)の8ピン端子が遠くなるので、電源から出てるケーブルが短い場合は延長ケーブルが売ってるんで、それを使えば対応可能。

側面部分のパネルは剛性が少なくケースに固定するには足で押さえつつ、という面倒な要素もあり。特に裏面側はパネル固定が面倒。

付属のリアファンは回転数を最大(1350rpm)にしても静か。
(PCケースを変更後にASUSのFAN XpertからFan Auto Tuningの実行をオススメ)

ケース全体に冷却用の穴が空いており、冷却ファンの回転数を抑えてユルめに回していけば適度に冷却しつつ静かな運用にも向くんじゃないかなーと感じられました。
そういったユルーく回して運用する場合は更に高性能なCPUファンを使うのが良いかもしれません。今使っている■EnermaxのETS-T40-TBは通常静かなのですが、CPUが高負荷になりファンの回転数が増すと流石に少し気になるかなという感じなので。

とまぁ勢いで買った部分もあるんですが、基本的な部分はシッカリ押さえられた作りのケースなので、PCでゲームも遊ぶけどそこまでガッツリなゲーミングマシンじゃない、でも熱暴走しちゃうような窒息ケースは嫌って人にはオススメです。



玄人志向の電源に付属しているケーブルだとATX 12Vの8ピン端子に届かなかったので延長ケーブルを使ってみました。ちなみにブラックカラーも有り。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons