感想&視聴メモ OVA 「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」 | 雑雪帳

感想&視聴メモ OVA 「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」

gundam0083_stardust_00.jpg
前回の「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に続き「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」のDVDを借りたので感想を。
■機動戦士ガンダム0083 web
感想


全13話。OVA版(DVDレンタル)を視聴。

良い
・ガンダムvsガンダムの戦闘シーン
・連邦がザクを運用している姿(一年戦争終了後の話なので)
・連邦のジオン残党に対する無関心の描き方
・ジオン残党の一年戦争に対する未練部分
・アナハイムエレクトロニクスの黒い部分

悪い
・主人公コウ・ウラキの不遇っぷり
・ヒロインの唐突な告白
・というか出てくる人物に魅力があまり無い(特に連邦側の人物)

初代ガンダム(一年戦争,0079~0080)から3年、Zガンダムが始まる0087年との間の作品。
連邦側の開発したガンダム試作1号機、ガンダム試作2号機がトリトン基地に搬入中、ジオン残党「デラーズ・フリート」のアナベル・ガトーによりガンダム試作2号機が強奪され、そこから連邦対デラーズ・フリートの戦いがメインの話。

ニュータイプでもない一般的なパイロット、コウ・ウラキが強奪事件のイザコザでガンダム試作1号機に乗って戦いつつ徐々に成長。最初のガトー(ソロモンの悪夢と呼ばれるほど)からは余りに弱くて、「こんなやつらと戦っていたとは」と述べられるほど弱体化(というより戦争終結で腑抜けた?)した連邦軍、コウに対しても真面目に戦わずにガンダム試作2号機を奪って逃げるだけで余裕の態度を取られるなど、ニュータイプではない同士の普通の戦いが見られる所が見所。
それ以外では月の都市「フォン・ブラウン市」での生活風景や、ジオン残党のまだ終わっちゃいねぇ感は非常に見所が有り。
お話では最終的にデラーズ・フリートによるコロニー落としや連邦軍の勢力削りに成功しているという一年戦争に対する逆襲という視点、そして連邦軍の連携ミスでコロニー落としを止められない泥沼な戦いを楽しめるって考えると結構面白い。

悪いで書いたけども主人公のコウ・ウラキは序盤から熱血というか感情で動くタイプなので、感情移入が難しいという印象。他のガンダムシリーズの様な生き残る術を最優先したり、人類の革新を、というタイプではなくガンダムに乗るのが第一っぽいような印象しか受けないのが残念なところ。挙句乗ったガンダム全部壊してる。
艦長や部隊長には恵まれていたのに、あまり良い方向にも悪い方向にも成長せず(悪堕ちも無い)といった所が逆に現実的なのかもしれません。一応作品中では色々と悩んだりしてるんだけどもね。

gundam0083_stardust_01.jpg
ヒロインのニナ・パープルトンは悪女と言われるほど有名だったので注意して見てたんだけど中盤まで特に何も無いし、昔付き合っていたのが敵役のガトーってのも別にそれほど…って感じ、んが最後のコロニー落としで何故かガトーを庇いコウに対しても発砲、で何故か最後コウに対して笑顔って何じゃそりゃ状態。
最後、連邦軍・北米オークリー基地での笑顔はコウ・ウラキが帰ってきた事に対してではなく、ガンダム試作機に乗れるテストパイロットが帰ってきた事に対してなのかなーと邪推しちゃう。
別陣営に寝返るのは別のガンダムシリーズでも有るパターンだけどヒロインでやるってのはアカンし、だったら別ヒロイン出さないとストーリーに魅力が…。

gundam0083_stardust_06.jpg
敵役のアナベル・ガトーは一年戦争を戦い抜いたベテランパイロット、ただしニュータイプではない。連邦軍に対しては奪ったガンダム試作2号機の戦術核を放ち、地球に対してはコロニー落としで北米の穀倉地帯にダメージを与えるという重大な役割を担っている役。
作中では基本戦うシーンが多く言葉で語る部分が少ないので、思い入れが深くなるような事が少ないのが残念。ただ地球や連邦に対して直接的な被害を与えてスペースノイドに有利な状況を作り出したという点では0083以降の作品にとって重要な役なんだなーと。
もしアナベル・ガトーが女性だったらコウ・ウラキも単なる敵という認識では終わらず、もう少し葛藤していたんじゃないかと思ってしまうほど惜しい敵役だったなぁと感じてしまいます。

というわけで戦闘シーンやらガンダム試作機の活躍、フォン・ブラウン市の描画等は面白いものの、人物描画が不足気味なのが残念。個人的にはソコソコ面白かった作品でした。

gundam0083_stardust_02.jpg
ガンダム試作1号機

gundam0083_stardust_03.jpg
ガンダム試作2号機、文金高島田っぽい頭部

gundam0083_stardust_04.jpg
連邦軍基地近くの海域に現れたジオン軍の残党、連邦軍の警備ガバガバ

gundam0083_stardust_05.jpg
地球に残るジオン残党もシッカリと描かれています

gundam0083_stardust_07.jpg
gundam0083_stardust_10.jpg
シーマ様、アニメでは単なるジオンを裏切った程度の描き方が残念

gundam0083_stardust_08.jpg
gundam0083_stardust_09.jpg
アナハイムエレクトロニクス、美人ぞろいじゃないか

gundam0083_stardust_11.jpg
gundam0083_stardust_12.jpg
ガンダムが挟まっちまった
■Ace Combat 3 キース挟まっちまった - ニコニコ動画:GINZA

gundam0083_stardust_13.jpg
gundam0083_stardust_14.jpg
ハマーン様もチョイと出演

gundam0083_stardust_15.jpg
ガンダム試作3号機のシステムエンジニア、ルセット・オデビー

gundam0083_stardust_16.jpg
gundam0083_stardust_17.jpg
ガンダム試作3号機、ステイメンというかデンドロビウム

gundam0083_stardust_18.jpg
バスク・オム大佐、ソーラ・システムで敵味方関係なく薙ぎ払うトンでもない方。こっからZガンダムのティターンズに繋ぐ流れに。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons