VDSLの配線を見直して速度向上 | 雑雪帳

VDSLの配線を見直して速度向上

vdsl_modular_01.jpg
今回使ったアイテム

今回壁のモジュラージャックからVDSLモデムまでの距離を短くすることで下り、特に上りの回線速度が向上しました。
今までは壁のモジュラージャックからVDSLモデムまでの距離を長めにして、すぐにVDSLモデムの状態を確認できる状態で設置していました。この状態だと下りは70Mbps前後、上りは10~15Mbps程度と程々満足だったのですが、VDSLモデムまでの距離を短くしたらどうなるのかなと試したところ良い方向に改善してくれました。
下調べ


■VDSL方式の場合│eoサービスの接続・設定方法|eoユーザーサポート
■スーパーTips集
上記のeoユーザーサポートのページに書いてある図が一番分かりやすく、とにかく壁の電話口(モジュラージャック)からVDSLモデムまでの距離を短くしましょう!ってのが大前提のようで、今までの環境は「長いモジュラーケーブルで各機器を接続している。」図とソックリな状態。
あと「スーパーTips集」に書かれているのはADSLの事ですが、こちらも参考にして電話線(モジュラーケーブル)を少し良いのに買い換えてみました。

使ったアイテム



まず壁のモジュラージャックから電話機とVDSLモデムに電話を分配させる分配器、今までは付属の分配器を使っていたのですが、今回のはモジュラージャックに直接差し込んで、そこから分配できるタイプ。距離も短くできて、見た目もスッキリできるので良いです。
vdsl_modular_02.jpg
vdsl_modular_03.jpg

次にモジュラーケーブル。大きくADSL対応のシールが貼ってあるのが特徴。分配器からVDSLモデムまでは0.1mだと短すぎるので、0.2mのを買いました。0.1mと1mは分配器からインラインフィルターと電話機へ繋げる為用。
店頭では他メーカーのケーブルも売っていたのですが、ツイストとシールドが施されたケーブルなのか判別出来なかったので、ガッツリ対応してるELECOMのを選びました。


VDSLモデムとルーターを繋ぐ用のLANケーブル、ELECOMのスーパーフラットケーブルにしました。Category 6A準拠、10ギガビット対応と謳われていますが、それ以上にフラットで使い勝手が良いです。


下り・上り速度の計測


■速度測定システム Radish Networkspeed Testing マルチセッション版-β- 東京
上記のページで空いている時間帯で計測してみました。
vdsl_modular_04.png
下りは80Mbps弱、上りも30Mbps弱、上りがVDSLモデム側(VH-100E「N」)の対応している速度近くまで出てくれることが確認できました。今までは10Mbpsやら15Mbpsとバラつきが多かったのですが、今回の接続を見直すことで安定して20Mbps以上を叩き出せるように改善されました。

んで満足行く結果になったのは良かったのですが、逆にプロバイダの夜間混雑?マンション内混雑?が目に付くようになってしまいました。
日曜日の夜10時台、フレッツ光マンションタイプ、So-net。
vdsl_modular_05.png
うーんこのADSL並。

感想


というわけで満足行きつつ夜間の混雑が予想以上で困ったなぁと。実際ウェブページの表示にも時間が掛かって遅いと感じる瞬間が多々あり。そらPSストアから巨大なソフトをDLすると夜間は遅くなるわけだよねと。
それと店頭で電話機系のアイテムが目立たない位置に置かれて、更に種類も少ないのが印象的。電話機コーナーの寂れっぷりといったら・・・。
とりあえずVDSL導入環境で壁のモジュラージャックからVDSLモデムまでの距離が長い環境の場合、短くすると改善するかも?という記事でした。

※2014年8月3日 追記
夜間にYouTubeやらネットを見ると読み込みが遅いなーと感じるのでRadishで計測したところ…
vdsl_modular_06.png
いやもう宅内の環境を改善してもコレじゃぁドースリャええのよ




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons