レビュー PS3のHDDをSSDにアップグレードしてみました | 雑雪帳

レビュー PS3のHDDをSSDにアップグレードしてみました

ps3_ssd_01.jpg
KINGMAX 「SSD SME35 Xvalue 120GB」を購入&レビュー の記事で購入したKINGMAXのSSDをPS3 (80GB,CECHL00)のHDDと入れ替えてみました。

HDDからSSDに入れ替える作業は至極簡単なのですが、バックアップデータからの復元後に少し面倒な事が・・・。
ベンチマーク結果


入れ替え作業の内容が長いので先にベンチマーク結果などを
HDDSSD
Call of Duty Ghosts
(ローカルでマルチプレイ開始)
約43秒約52秒(この後に同じ設定で読み込んだら約41秒)
Deus Ex Human Revolution
(新規ゲーム開始)
約24秒約11秒
FF13
(最後辺りのセーブデータ読み込み)
約33秒約32秒
The Last of Us
(プロローグ指定でセーブ完了後から映像出るまでのロード時間)
約1分10秒約1分35秒
真・三國無双6
(クロニクル)
約19秒約15秒
真・三國無双6
(チュートリアル読み込み)
約14秒約8秒
戦国無双3 Z
(模擬演舞)
約4秒約3秒


確かに読み込みが速くなっているタイトル(特にHDDにデータインストールするソフト)だと効果がハッキリわかって良いです。
特にデウスエクスの新規ゲーム開始までのロード時間、これHDDだと少し待つなーと感じたんですが、SSDだと体感で分かるのが素晴らしいです。PS3版のデウスエクスを未プレイの方は是非SSDに交換して楽しむのをオススメします。
それと真・三國無双6や戦国無双3Zなんかもデータインストールのサイズが大きく読み込み時間の短縮を体感可能、真・三國無双6はHDDだと読み込みバーの伸びが一瞬止まる感覚が有ったのですが、SSDだとスッーと伸びていくのが分かります。

逆にデータインストールが無いタイトル(CoD GhostsやFF13)だと殆どロード時間の短縮に繋がらないのが残念。またラストオブアスはデータインストールが大きい割に効果が殆ど無くてイマイチ、ただ最新セーブデータのロード時間はSSD交換後に約11秒と出た(HDD使用時の計測は忘れてた)ので特に違和感無く遊べるのでは・・・と。

これ以外だとSSDに交換したユーザーの意見でよく聞かれるトロフィー表示の高速化、HDDのときはクルクル(砂時計的なアレ)が出てから表示されるまでが長かったのですが、SSDだと一瞬クルッとでたあとパパパッと表示されるようになって爽快です。
またゲームデータアイコンの表示や、セーブデータ表示も同じく高速化、What's Newの一覧もサクっと表示されるようになって気持ちいいです。

HDDからSSDに交換して良かったか?と聞かれると良かったと感じるんですが、データインストールのタイトルを積極的に遊んでいなかったり、PS3でテレビ録画してたり、大容量のHDDに交換してたりって場合はHDDのままで良いんじゃないかなーとも。
そういうわけで、現在遊んでいるタイトル、遊ぶ予定のタイトル、かつデータインストールを活用しているタイトルならSSDに交換する意味は大有りなので、そーいった状況の人はSSDにアップグレードするのを狙ってみては如何でしょう。120GBクラスなら1万円も掛からず試せるので是非。

事前準備


■PS3®の内蔵ストレージは交換できますか? | PlayStation.com
■PS3® データのバックアップ方法/データ転送方法 | PlayStation.com
■PlayStation®3 システムソフトウェア アップデート | プレイステーション® オフィシャルサイト

内蔵されているHDDの交換は上記の公式情報を見れば分かるので参考に。とりあえず初期型以外のPS3を使ってる場合はシステムソフトウェアを認識させる為のUSBメモリを用意したほうが楽なんじゃないかなと。

■4Gamer.net ― SATA 6Gbps対応のIntel製SSD「SSD 510」レビュー。シーケンシャルリード&ライト性能がX25-Mから大きく向上
んでSSDは何を選ぶのか迷ったんですが、上記の4gamerに掲載されているベンチマークを見ると今では読み書きも高速な部類とは言えないintel X25-Mやらintel 510でも、PS3では殆ど同じ結果なので新品で安いのを選んでみました。

■Can SSD Upgrades Boost PS3 Performance? • Articles • Eurogamer.net
上記のページではPS3のRageっつーテクスチャの張替えが遅めのソフトで検証されていて、SSD > SSHD > HDDの順番で高速に書き換えが終わってるのが分かる動画が公開されています。

不要データの削除


・ゲームデータ管理
ゲームソフトの強制データインストールやオプションのデータインストールは「XMB > ゲーム > ゲームデータ管理」から削除可能、削除しても基本的に問題無し。

・セーブデータ管理
コピー禁止のセーブデータはPS+上にアップロードすれば問題無いらしいのですが、公式のデータバックアップ方法で同一のハードウェアだとコピー禁止セーブデータの復元にも対応しているとの事。
PS1やPS2のセーブデータはサイズも小さいのでそのままバックアップ。

・インストール済みのゲーム
これもSSD換装後に再度ダウンロード、インストールが出来るので削除しても大丈夫、ダウンロードに時間が掛かる程の巨大タイトルならバックアップした方が楽かもしれない。

・トロフィー
これは同一ハードウェアでも復元出来ないのでPSNにサインインしてトロフィーデータの同期が必要。

・ビデオ
PS3上でビデオファイルは殆ど扱っていなかったのでファイルは少なめ、USBメモリにコピーして復元後にコピーしなおし。torne関連だと縛りが有るらしいので、当該の方は公式サイトのガイドを参考に。

バックアップ


XMB > 設定 > バックアップユーティリティー > バックアップ、でUSB接続のHDDにバックアップが可能。
ps3_ssd_02.jpgps3_ssd_03.jpg
ps3_ssd_04.jpgps3_ssd_05.jpg
バックアップデータは1319MB、時間は10分も掛からなかった程度。

SSDに換装 & フォーマット


内蔵されているHDDを外してSSDに換装するだけ。

ps3_ssd_06.png
換装後はシステムソフトウェアが存在しない状態なのでPS3を一旦再起動。

ps3_ssd_07.pngps3_ssd_08.png
再起動後にSSDのフォーマットが開始。

ps3_ssd_09.pngps3_ssd_10.png
ps3_ssd_11.pngps3_ssd_12.png
フォーマット終了後、公式サイトからDLしたシステムソフトウェアをUSBメモリからインストール。

ps3_ssd_13.pngps3_ssd_14.png
ps3_ssd_15.pngps3_ssd_16.png
ps3_ssd_17.pngps3_ssd_18.png
ps3_ssd_19.pngps3_ssd_20.png
後は初期設定なので順番に進めばOK。

リストア


んで初期設定が終われば通常のPS3として使える状態になるので、ここでリストア(復元)を行います。

ps3_ssd_21.jpgps3_ssd_22.jpg
XMB > 設定 > バックアップユーティリティー > リストア(復元)、を選びバックアップで保存してるストレージをUSBで接続。

ps3_ssd_23.jpgps3_ssd_24.jpg
バックアップデータを指定すると確認画面がでるので、はいを選択。

ps3_ssd_25.jpgps3_ssd_26.jpg
リストアの時間はバックアップの時間と同じ程度、バックアップのサイズが小さければ小さいほど直ぐに終わるんじゃないかな。

その他


リストアが無事に終わったら換装前のPS3と殆ど同じ状態に戻っていました。セーブデータやらログインアカウントなんかも。

ps3_ssd_27.jpg
ただトロフィーデータが少し変でトロフィーの更新日時が表示されません。
またトロフィーのデータも問題ないのですが、トロフィー取得済みのゲームを遊ぶとトロフィーデータが0%に戻ります。幸いPSNにサインインしてトロフィーデータの同期を行うと0%に戻ったトロフィーも正常な取得状況に更新されます。0%に戻された後に取得したトロフィーは無視されるっぽいです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons