Sony 「SEL1855」レンズ内ホコリが目立ったので掃除 | 雑雪帳

Sony 「SEL1855」レンズ内ホコリが目立ったので掃除

nex5_sel1855_02.jpg
NEX-5に付属していたSEL1855、NEX-5を買う前にカメラの知識が殆ど無かったのでズームレンズはホコリが入りやすい構造だとか前玉や後玉の違いすら知りませんでした。んで旅行やらなにやらに連れ回していると、どーしてもレンズ内のホコリが目立つ、厳密にはホコリではなくチリなんですが、それがチラチラ見えて嫌だなーと。

んで検索してみると前玉付近のホコリやチリは無視してもOKと書かれていたものの、これじゃ嫌だと調べるとSEL1855を分解、掃除している方のページを発見。
SEL1855 E18-55mm F3.5-5.6 OSS 分解・清掃、ちょっと修理 レンズ清掃編 - カメヒコかめら

こちらのサイトを参考に分解し掃除、難しい部分はズーム部分の筒を入れる箇所が決まっているので、そこを間違えなければ比較的簡単に組み立てが可能です。
後玉のユニットを筒に入れる際にどうしてもケーブルがぶつかって汚れますが、レンズクリーナーがあれば大丈夫。ただ、後玉に付いたゴミをエアブロワーで吹き飛ばすと後玉ユニットの内側にゴミが入るので我慢したほうが良いです。私は気づかずにエアブロワーをスコスコやったら手が届かない場所にゴミが入っちゃってガックリしちゃったので…。

前玉のゴミ(チリ)は大幅に減らすことが出来たものの、後玉が入ったユニット内部にゴミが増えてしまったので掃除して正解だったのか失敗だったのか微妙なところ。
レンズ掃除用に新たに買ってみたオリンパスのEE-3310、09/07のツイートまとめでエツミのE-6023が微妙だったので買ってみましたが、EE-3310でもやっぱレンズ拭きは難しい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons