レビュー Logicool 「K270」ワイヤレスキーボード買いました | 雑雪帳

レビュー Logicool 「K270」ワイヤレスキーボード買いました

logicool_k270_07.jpg
大掃除なうとの関連で、今使っているパソコンのキーボードが汚れており、一部のキーが掃除の際に壊れ気味になっていたので、新しいキーボードに買い換えました。
机の上の配線が無くなるだけでスンゴイすっきり。

■Wireless Keyboard K270
開封


logicool_k270_02.jpg
低価格帯の製品なのでシンプルそのものです。箱を開けると手前にUnifyingレシーバー、そしてキーボード本体。

本体と同梱物


logicool_k270_03.jpg
本体、レシーバー、説明書、保証書のみと割り切った内容になっています。

logicool_k270_04.jpg
本体裏面は白色になっています。またゴム足が付いているのでキー入力時にズレないように配慮されています。
さらにUnifyingレシーバーを収める場所がキーボード裏面に存在しているので、例えばキーボードを移動させて別の環境で使いたい場合も、裏面にUnifiyinレシーバーを納めて持ち運べるのが便利です。既にUnifying対応のマウスを持っていたので、新たに購入したK270のレシーバーの保管場所に悩んだので大変有難い配置に感じました。

ソフトウェア


ソフトウェアはLogicoolのSetPointが必須、付属していないので公式サイトからダウンロードが必要になります。
Support + Downloads: Wireless Keyboard K270 - Logicool

logicool_k270_05.png
SetPointではキーボード上のホットキー(ショートカットキー)の変更が可能です。

logicool_k270_06.png
また電池の寿命も表示されます。

感想


今まで使っていたのは同じくLogicoolの安い普通のUSBキーボードです。それに比べて今回のK270は全体的に薄く、また手首を乗っける場所も存在していないシンプルなワイヤレスキーボードです。
入力の感覚は薄型に伴い、キーストロークはどうしても浅くなっていますが、いわゆるクリック感が無く入力が困難なノートPCのキーボードとは別物の入力感を得られています。入力したことがシッカリ確認でき、また反応も感じられる作りになっています。これがノートPCに付いていたら快適に使えるレベルの製品だと感じました。

普通の安物キーボードと比るとキーストロークの浅さは負けますが、キーストロークに重きを置いていない場合、快適に使うことが出来ます。特にキーボードを横に移動させる際のケーブルが邪魔に感じていたのですが、それから開放させられたのは予想以上の快適さを得ることができました。
入力遅延などは殆ど感じず、この文章もK270を利用して書いていますが、違和感を感じること無く使うことができています。

K270本体にLEDが搭載されていないので
※訂正
Caps LockのLEDが電源ボタンの左に付いています。


いわゆるNumLockのOn,Offが本体からは分かりませんが、Windows上ではデスクトップの下部に有効無効が表示されるので使い勝手は何ら問題ないです。

電池の寿命はメーカー発表で約24ヶ月と長く、また電池の入手性も単四電池を2本用意すればいいので問題ないでしょう。

1500円程度のワイヤレスキーボードなのに得られる満足度は高かったので、もっと早い時期に買えばよかったなと思いました、オススメです。
微妙なのは本体中央部が若干たわんで浮いているので、キー入力時に机とあたると若干うるさく感じるかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons