大掃除なう | 雑雪帳

大掃除なう

気になってた本「人生がときめく片づけの魔法」買いましたの本を参考にしつつ大掃除を行なっています。この本を買う前から片付けしたいアイテム、服、本、書類、使わなくなった家電、ゲームソフト等が部屋に転がっていました。とはいえ部屋にゴミ袋が散乱して足の踏み場もないというタイプではなく、一見小奇麗に片付いてるけど本棚や机の上に片付いていない「モノ」が多く存在している状態でした。
なので本で紹介されている片付けの順番に沿って、大掃除しつつ片付けを行なっていました。

1.服
サイズや色が合わない服は捨ててスッキリ、あとは正しい収納方法で綺麗な状態を維持したい。

2.本
人生に影響を与えた本と読みたい本を厳選していった結果かなりの本が減りました。マンガも読まなくなったシリーズが中途半端に残っていたのが気掛かりだったので、これも片づけ。
あとは本書以外でも叫ばれている「いつか読みたい本は読まない」説に同意しつつ、興味を強く惹かれる本だけ残しました。タイトルに惹かれて買ったが内容が微妙だったり、明らかにタイトル一本釣りの本も片付け対象にしました。
それと使わなくなった教科書や参考書も思い切って処分、でもすごく辛かった時に一緒に頑張った参考書だけは残しました。

3.書類
いつか必要になるかもと思って残していた書類も大量に処分。本書ではセミナーで配布された資料や書類も読み返されないので処分対象に扱っていましたが、個人的に興味がある分野や印象的だった書類は「ときめき」対象として保存しました。このおかげで溢れかえっていたプリントやルーズリーフの書類が大きく減り本棚もスッキリ。

また説明書、保証書、銀行の使用済み通帳、給与明細なども片付け対象になっていますが、これは状況によっては捨てるとマズイ状態になるので冷静に処分対象か見極めたほうが良いと感じました。とはいえ、恐らく使わなくなった製品の保証書や説明書が有ると思うので、改めてチェックして良かったなという感じです。

4.小物類
なんとなく保存していた小物類も片づけ対象だったので、
・DM
・使い所が難しい組立家具に付属しているネジ回し
・大量にあったクリアファイル
・ボールペン
・鉛筆
・錆びて使いづらくなったカッターナイフ
・複数あったハサミ
・プラモデルで使っていた塗料
・電化製品の外箱
・会員カード類
・映像音声ケーブル
・書き込み速度が遅い光学メディア(x4のDVD-RやDVD+RWメディア)
このあたりも片付けちゃいました。クリアファイルは書類の片付けに伴って出てきましたが恐らく30個ほど、書類、プリント保存用に使っていたようで、使いすぎていた自分にドン引きしちゃいました、なので状態が良いのだけ数個残して全部捨て。

5.思い出の品
なぜか中学時代の音楽で使っていた教科書やリコーダーが残っていたので捨てました、なぜ捨てずにとっといたのか・・・。


こうした小物類でゴミとして捨てられないのは以下の種類。
・インクカートリッジ
現在使っているのはエプソンのですが家電屋や自治体で回収しています。
エプソンのインク・トナーカートリッジ回収サービスのご案内 ゴミを減らして環境保全!|エプソン

・AV機器や家電に内蔵されている充電池
これもリサイクル対象なので電気屋さんで回収してもらいました。古いカメラやヒゲソリにも小型の充電池が入っているので捨てる前に是非チェックを。
小形充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC|
[長くご利用いただくために]充電池のリサイクル | 製品を安全・安心してご使用いただくために | サポート・お問い合わせ | ソニー

・iPod、iPhoneリサイクル
使わなくなり買取金額が付かないiPodも捨てたくなりますが、これも充電池が入っているので回収してもらいました。アップルが着払いで回収しています。
アップル - リサイクルプログラム - iPod、iPhoneリサイクルプログラム

それ以外のゴミは自治体によって回収方法が違うのでホームページで確認して捨てました。


本書で解説されている方法や捨て方の順序を参考にすると、自分にとって残しておきたいのは何かが結構はっきりして、それ以外の死蔵状態のモノの扱いに迷っている人には強力なバックアップになるような本だと感じられました。とはいえ無批判に全て受け入れるわけでなく、男性的な視点が欠けている部分は参考程度にして、それ以外の有用な部分を使っていけば良いんじゃないかなぁと思います。
ただ既に断捨離などでモノが無くなっている人や、職業上で大量の本が必須な人向けの解説(例えば自炊方法とか)は無いので使いづらいのかなぁとも。
それでも今片付けたいけどキッカケが無い人や、何を捨てるのが良いのか迷っている人にはオススメです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons