iMac 「Mac OS X 10.5(Leopard)」から「10.8(Mountain Lion)」へのアップグレード、iMac (Early 2008)編 | 雑雪帳

iMac 「Mac OS X 10.5(Leopard)」から「10.8(Mountain Lion)」へのアップグレード、iMac (Early 2008)編

iMac - MacOSX 10.5 Leopardの整備で書いていたiMacの整備ですが、iOS6のリリースと共にMac OS X 10.8 (Mountain Lion)へのアップグレードが急務になりまして、この記事はLeopardからMountain Lionへアップグレードを記録しておくページになります。

アップル公式のアップデート方法によると、
アップル - あなたのMacをOS X Mountain Lionにアップグレードしよう。
上記のページにMountain Lionへのアップグレード条件が細かく記載されています。
imac_up_30.png
メモリの増設


iMac購入時に増設した1GB分のメモリが突然壊れたので、1GB運用していましたが、Mountain Lionではメモリ容量がキツすぎるらしいので2GB + 2GBの合計4GBへ増設しました。iMacのメモリ最大容量は公式サポートに掲載されているので当該の機種を確認しましょ。
→iMac:メモリ仕様とアップグレード

今回のアップグレードはiMac (Early 2008)、DDR2 SDRAM 200ピン対応モデルなので、中古も豊富に出まわってますが新品も値段がこなれているのでELIXIRのD2N800CQ-2GLZJを選びました。
imac_up_01.jpg
パッケージにもデュアルチャンネル動作対応とあるので安心して?使えるんじゃないでしょうか。

imac_up_09.png
ハードウェアの概要からも正しく認識されました。

取り付け方もアップル公式ページに掲載されていのを参考にしました。(つってもネジ1本外すだけ)
→iMac:メモリの取り外し方法と取り付け方法

DDR2メモリ対応モデルのiMac
・iMac (Mid 2007)
・iMac (Early 2008)
この機種であれば、上述したELIXIRのDDR2メモリで4GBまで増設できるみたいです。


DDR3メモリ対応モデルのiMac
・iMac (Early 2009)
この機種だと最大8GBまでDDR3メモリを搭載できるようです。


DDR3メモリ対応モデルのiMac (Late 2009)~
・iMac (Late 2009)~
以降の機種だとDDR3メモリを最大16GBまで搭載できるようです。



NVRAMとPRAMの実行


これは全く知らなかったのですが、Macではメモリ増設などを行った際にNVRAMクリアを行うのが作法らしいです。とはいえ簡単な方法なので、これも公式サポートを。
→NVRAM と PRAM について

imac_up_02.jpg
このNVRAMクリア作業を行った後iMacを起動すると無事4GB分のメモリが認識されました。


Snow Leopardの入手と注文


※2012年11月26日追記
→Mac OS X 10.6 Snow Leopard - Apple Store (Japan)
アップルストアオンラインでSnow Leopardの購入が可能になっています。

※2012年11月12日 追記
Mountain Lionのページに入手方法が追記されていました。
アップル - あなたのMacをOS X Mountain Lionにアップグレードしよう。
osx_apple_hp.png

最も困難なのがMountain Lionにアップグレードするのに必須なSnow Leopardの製品版ディスクですが、結論から述べるとアップルのサポートに電話して購入できました。(twitterで情報流していた人ありがとうございました)
アップル - Apple Store コールセンター
電話したのが夜の8時30分ぐらいでしたが、その場で住所確認や支払いを行なって購入ができ、翌日には発送手続きが行われました。クレジットカード払いの場合、税込1700円となっています。

新宿の電器店、秋葉原の電器店(マック専門店含む)、銀座のアップルストア、これら探しましたが店頭では売っていないので行っても無駄です。1万円で売っていたマック専門店も有りますがオススメできません。


Snow Leopardが到着


10月15日の夜に注文、16日発送、17日午前に到着しました。

imac_up_03.jpgimac_up_04.jpg
外箱はコンパクト、外箱を開けるとプチプチに包まったSnow Leopard

imac_up_05.jpgimac_up_06.jpg
こんな薄っぺらいサイズなのに店頭には置かねぇという馬鹿げた行為

imac_up_07.jpgimac_up_08.jpg
Designed by Apple in California、ディスクにも雪豹のデザイン


Snow Leopardインストール


imac_up_10.pngimac_up_11.png
ディスクをiMac本体に入れるとインストール画面が立ち上がるので、指示通りに進めるだけです。

imac_up_12.png
インストール時間は約20分程度で終わり、設定アシスタントを完了させるといつもの画面に。

imac_up_13.png
バージョンはディスクのパッケージに書いてあるとおり10.6.3になります。

imac_up_14.png
概要からも正常に認識されました。


Snow Leopard (10.6.8)への更新


このままの10.6.3だとMac App Storeが利用できないので更新を行う必要があります。

imac_up_15.png
約1.13GBの更新ファイルが必要なので有線LANが使える環境なら、更新が完了するまで有線LANに切り替えた方が早く終わらすことができそう。

imac_up_16.png
アップデートが完了するとバージョンが10.6.8に更新されます。

imac_up_17.png
またDockにMac App Storeが追加され、これでMountain Lionの購入できるようになります。

imac_up_21.png
この状態でソフトウェアップデートを行うとSafariのアップデートが行われるんで、アップデート行わずMac App Storeで購入作業した方が良かったかも。


Mavericksへのアップグレード


※2013年10月24日追記
macosx_mavericks.png
アップル - あなたのMacをOS X Mavericksにアップグレード。より、Snow LeopardからMavericksへのアップグレードの案内が出ており、無料でアップグレードが可能になっています。ですので以下のiTunesカード購入やMountain Lion購入作業は不要です。

※2013年10月25日追記
iMac (Early 2008)をMountain LionからMavericksにアップデートしてきました、もちろん無料です。

流石にメインメモリ4GB、ストレージが普通のHDD 250GB、GPUがRadeon HD 2400 XT 128MB、という環境だと、色々な部分で動作が重く、Mountain Lionから比べて軽くなったような印象はあまり感じられませんでした。


iTunesカードの準備


iTunes Store/App Storeの支払方法にクレジットカード払いを選択している場合は不要ですが、今回は自分のMacじゃないのでiTuensカードを使ってMac App StoreからMountain Lionを買います。2012年10月29日までローソンでiTunesカードを買うと追加ポイントが貰えるので、これを使いました。
ギフトカード|店内サービス|ローソン
iTunes Card キャンペーン
imac_up_18.jpg

imac_up_19.jpgimac_up_20.jpg
取り外して裏面の銀色部分をコインで削る、キャンペーン応募には裏面バーコード部分が必要なので捨てない。


Mountain LionをMac App Storeから購入する


imac_up_22.jpgimac_up_23.png
Mac App Storeを立ち上げ、まずは購入したiTunesカード3000円分を登録します。

imac_up_24.jpg
登録が終わったらMountain Lionのページで購入。

imac_up_25.png
購入が終わると1700円分の料金が引かれ、ダウンロードが始まります。

imac_up_26.jpg
ついでにiPhotoの最新版も買おうとしたのですが、Snow Leopardからは購入作業が出来なかったのでMountain Lionにアップグレードしてから買っちゃいました。


Mountain Lionインストール


imac_up_26.pngimac_up_27.png
imac_up_28.pngimac_up_29.png
約4.37GBのMountain Lionのダウンロードが終わったらインストールを始めますが、これも画面の指示通りに進めば難しい所は無いです。

imac_up_30.jpg
準備が終わってインストール作業が始まると大体40分ほど時間がかかりました。途中画面がブラックアウトして焦りましたが、キーボードに触れば画面が復帰します。

imac_up_31.jpg
インストールが完了するとApple IDやiCloud IDの入力が求められますが、スキップしてOSが立ち上がってから設定する事もできます。


Mountain Lionへのアップグレード完了


imac_up_30.png
ようやく長いインストールが完了し、無事10.8.2にアップグレードができました。

imac_up_31.png
imac_up_32.png
「このMacについて」もグラフィカルで分かりやすく情報を表示してくれるのが助かります。

imac_up_33.png
imac_up_34.png
ディスク内の分類が正しくないですが、アップグレード直後だからかもしれません。

imac_up_35.png
アクティビティモニタでメモリ使用量を見ると空きが少ないですが、裏でiPhotoの人物分類を行なっていた影響かもしれません。最新OSだからiMac (Early 2008)にキツイかなと思っていましたが、重くて仕方がないという場面は少ないです。

imac_up_36.jpg
Launchpadを使うとiOSの様にアプリが使えて便利です。普段iOSデバイスを使っている人には既存の方法よりこちらのほうが親和性が高そうです。個人的にはもっとiOS風でも良いんじゃないかなぁと感じます。

imac_up_37.pngimac_up_38.png
概要

終わりに


今回iMac (Early 2008)をLeopardからMountain Lionにアップグレード作業を行いましたが、半日程度つぶれる作業量になりました。メモリ増設自体は15分程度で完了しますが、ネット上からOSイメージをダウンロードする時間がとても長いので、有線LANを繋げる環境であるなら有線で行ったほうが良いと思います。

またLeopardからSnow Leopardにアップグレードする時間より、Snow LeopardからMountain Lionへアップグレードする時間の方が長く感じました。
インストール画面中に表示される残り時間は結構正確なので、他の作業をしてインストールが終わるまで放ったらかしでも大丈夫でしょう。一定時間放置されると省電力機能で画面がブラックアウトしますが、キーボードのボタンを押せば画面が復帰するので慌てる必要はないです。

Mountain Lion自体はiOSデバイスとの親和性が高くなっていて便利な機能が豊富ですが、Snow Leopardへのアップグレードパスを電話サポート以外で受けられない今のアップルには違和感を感じます。
特にiOS6デバイスを管理するiTunes10.7にSnow Leopard以上が必須条件に指定されているのに店頭に準備しない点です。さらに言えばアップルリセラー系の店舗だけでなくアップルストアの店員すらSnow Leopardのディスクは製造終了ですと案内するのは何なんですか?(案内にすらなっていない)


最終的にSnow Leopardの入手方法を知ったのは、twitterに書き込んでいる一般ユーザーのコメントでした。アップル電話サポートの担当者は非常に丁寧で素晴らしい方でしたし、Snow Leopardが届くまでの日数も短く満足できました。アップル公式ページやオンラインストア上に電話サポートで対応しますと一言書くだけで良いのに、それすら無いのはやっぱり駄目でしょ。とりあえず転売価格でSnow Leopardを買わなく済んだけど、これじゃ正直者がバカを見るじゃん、と。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: SnowLeopard DVD購入
コメントどうもです。
無事購入できて良かったですね、私もtwitter情報に助けられてSnow Leopard購入できたんで多くの人が安く手に入れられると良いなぁと思ってます。
  • 2012/10/25 03:25
  • 管理人
  • URL
SnowLeopard DVD購入
アップルストアコールセンターへ電話で注文し購入できました。
在庫限りということでしたので必要な方は急いだ方が良さそうです。
税と送料込みで1700円。情報ありがとうございました。
  • 2012/10/23 14:37
  • greeng
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons