Radeonのアンチエイリアス設定を見直す | 雑雪帳

Radeonのアンチエイリアス設定を見直す

久しぶりのRadeonなのでアンチエイリアス(以下AA)の設定がGeForceと全然違うので戸惑いましたが、なんとなく理解できたので設定方法を残しときます。
AAをドライバー側から指定する事を目的としています。

全ての設定はCatalyst Control Center(以下CCC)からAAやAFの設定がCCCで行える。ドライバー側でAAの設定をする場合は、アンチエイリアス項目「アプリケーション設定を使用する」のチェックを外すと、レベルの指定が可能になる。
radeon_aa_ccc_01.png
このレベル(2X、4X、8X)が普通のMSAA x2、x4、x8にあたる。
MLAA


別ページに作ったので以下を参照して下さい。
■ Catalyst (Radeon)でMLAAを試す

CFAA


radeon_aa_ccc_02.png
レベルが4X、8Xの時にフィルターに「Edge-detect」が選択できるようになり、Edge-detectを選ぶと、4Xの時に12Xに、8Xの時に24Xにサンプルが増える。これがATI Radeon HD 2000シリーズから搭載されたCustom Filter Anti-Aliasing 以下CFAA)だと思われる。

■ [連載][西川善司の3Dゲームエクスタシー]「ATI Radeon HD 2000」シリーズのGPUアーキテクチャ徹底解説
実際使ってみたけど普通のMSAAとの違いを数字以上に感じることが出来なかったです。

半透明要素に対するAA


最初によく分からなかったのがコレで、Edge-detect使えば半透明要素にもAA掛かるのかなー、とか思ってたらガッツリジャギってたので調べたら別部分の設定が必要でした。半透明要素って分からんって場合は以下の4gamerのAnti-aliasing部分を参照。

■ 4Gamer.net ― 最新3Dゲームグラフィックスオプションで知るパフォーマンスチューニングとグラフィックステクノロジー~Call of Duty 4編
radeon_aa_ccc_03.png

3Dアプリケーション設定の下部にある「アンチエイリアシング モード」を、マルチサンプル AAから適応マルチサンプルAAかスーパーサンプルAAに変更すれば良い。
radeon_aa_ccc_04.pngradeon_aa_ccc_05.png
適応マルチサンプルAAって何ぞやと思ったら、これがRadeon X1000シリーズから搭載されたAdaptive Anti-Aliasingで、画質に影響しやすい半透明要素にSSAAを掛けてくれる機能らしいです。
(GeForceのTransparency Anti-Aliasingと同じっぽい)
スーパーサンプルAA(SSAA)はMSAAや適応マルチサンプルAAと違って、画面全体のあらゆるジャギーが減ってとても綺麗だけど、負荷も高いので古いソフト以外では使い所が難しい。


実ゲームで試す


以下、実際のゲームで適用させた場合のサンプルになります。ソフトはHalf-Life2、基本的な設定は以下になります。
1920x1080の解像度だとファイルサイズが大きすぎてfc2blogが対応していないので、全画面はjpgで圧縮、一部切り取り画像をpngでアップロードしています。
radeon_test_aa_test_01.jpg

AA無し


radeon_test_aa_test_noaa_00.jpgradeon_test_aa_test_noaa_01.jpg
radeon_test_aa_test_noaa_02.pngradeon_test_aa_test_noaa_03.png

x2 AA (Standard)


MSAA
radeon_test_aa_x2msaa_00.jpgradeon_test_aa_x2msaa_01.jpg
radeon_test_aa_x2msaa_02.pngradeon_test_aa_x2msaa_03.png

AAA (Adaptive Anti-Aliasing,適応マルチサンプルAA)
radeon_test_aa_x2aaa_00.jpgradeon_test_aa_x2aaa_01.jpg
radeon_test_aa_x2aaa_02.pngradeon_test_aa_x2aaa_03.png

SSAA
radeon_test_aa_x2ssaa_00.jpgradeon_test_aa_x2ssaa_01.jpg
radeon_test_aa_x2ssaa_02.pngradeon_test_aa_x2ssaa_03.png


x4 AA (Standard)


MSAA
radeon_test_aa_x4msaa_00.jpgradeon_test_aa_x4msaa_01.jpg
radeon_test_aa_x4msaa_02.pngradeon_test_aa_x4msaa_03.png

AAA
radeon_test_aa_x4aaa_00.jpgradeon_test_aa_x4aaa_01.jpg
radeon_test_aa_x4aaa_02.pngradeon_test_aa_x4aaa_03.png

SSAA
radeon_test_aa_x4ssaa_00.jpgradeon_test_aa_x4ssaa_01.jpg
radeon_test_aa_x4ssaa_02.pngradeon_test_aa_x4ssaa_03.png

x12 CFAA (x4 , Edge-detect)


MSAA
radeon_test_aa_x12cf_msaa_00.jpgradeon_test_aa_x12cf_msaa_01.jpg
radeon_test_aa_x12cf_msaa_02.pngradeon_test_aa_x12cf_msaa_03.png

AAA
radeon_test_aa_x12cf_aaa_00.jpgradeon_test_aa_x12cf_aaa_01.jpg
radeon_test_aa_x12cf_aaa_02.pngradeon_test_aa_x12cf_aaa_03.png

SSAA
radeon_test_aa_x12cf_ssaa_00.jpgradeon_test_aa_x12cf_ssaa_01.jpg
radeon_test_aa_x12cf_ssaa_02.pngradeon_test_aa_x12cf_ssaa_03.png

x8 AA (Standard)


MSAA
radeon_test_aa_x8_msaa_00.jpgradeon_test_aa_x8_msaa_01.jpg
radeon_test_aa_x8_msaa_02.pngradeon_test_aa_x8_msaa_03.png

AAA
radeon_test_aa_x8_aaa_00.jpgradeon_test_aa_x8_aaa_01.jpg
radeon_test_aa_x8_aaa_02.pngradeon_test_aa_x8_aaa_03.png

SSAA
radeon_test_aa_x8_ssaa_00.jpgradeon_test_aa_x8_ssaa_01.jpg
radeon_test_aa_x8_ssaa_02.pngradeon_test_aa_x8_ssaa_03.png

x24 CFAA (x8 , Edge-detect)


MSAA
radeon_test_aa_x24cf_msaa_00.jpgradeon_test_aa_x24cf_msaa_01.jpg
radeon_test_aa_x24cf_msaa_02.pngradeon_test_aa_x24cf_msaa_03.png

AAA
radeon_test_aa_x24cf_aaa_00.jpgradeon_test_aa_x24cf_aaa_01.jpg
radeon_test_aa_x24cf_aaa_02.pngradeon_test_aa_x24cf_aaa_03.png

SSAA
radeon_test_aa_x24cf_ssaa_00.jpgradeon_test_aa_x24cf_ssaa_01.jpg
radeon_test_aa_x24cf_ssaa_02.pngradeon_test_aa_x24cf_ssaa_03.png


感想


画像の羅列で記事が縦長になりましたが、とりあえずCFAAは数字が大きいだけで別にx8 MSAAより特別綺麗に感じることはないです。静止画だけでなくゲーム中の画面を見ても同様です。

半透明要素のジャギが気になる場合は、やっぱりMSAAではなくAdaptive Anti-AliasingかSSAAを使ったほうがよさそうです。またSSAAの綺麗さはx2やx4でも感じることが出来、x8のMSAA,AAAよりx4 SSAAの方が綺麗に感じます。とはいえSSAAだと負荷が大きいのが難点でしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons