レビュー intel 「Core i5 3570K」を導入 | 雑雪帳

レビュー intel 「Core i5 3570K」を導入

intel_corei5_3570k_40.jpg
intelのIvyBridge世代CPU,Core i5 3570K
(4Core , 4 Thread , L3 : 6MB , 3.4GHz , TB : 3.8GHz)にアップグレードしました。

Core2からCore i5にアップグレードすると、CPUの規格はもちろんメモリ、マザーボードも変更するので、結構高いイメージがあったのですが、Core i5 3570Kというi5で上位のCPUでも2万円弱で購入でき、さらにマザーボードも調べると1万5000円以下で装備もしっかりしてる、そしてメモリは安値傾向・・・、じゃぁ久しぶりに買い換えるという方向になりました。
※追記 オーバークロック


CPU : intel Core i5 3570K (3.4GHz)
MEM : 8GB (elixir W3U1600HQ-4G , 4GB x2)
VGA : HIS H687QN1G2M (Radeon HD 6870 1GB, Core 920MHz , Memory 1120MHz)
VGA Driver : Catalyst 12.10 (AMD OverDrive有効)
OS : Windows7 SP1
MB : ASUS P8Z77-V

マザーボードをASUSのP8Z77-Vに変更後、付属しているユーティリティーでお手軽にオーバークロック出来そうだったので試してみました。P8Z77-Vは別記事に詳しく書いたので参考にどうぞ。
■ ASUS - P8Z77-Vを導入&レビュー

Kが付く型番の場合は設定倍率を自由に変更することができますが、型番にKが付いていないモデルの場合はベースクロックを上げる(難しいらしい)か、+0.4GHzを足すことしか出来ません。
ですのでオーバークロックを予定している人は型番にKが付いているモデルを選びましょう。

AiSuite2を起動し、TurboV EVOを選ぶか、AutoTuningを選ぶとFastかExtremeを選ぶことができます。これはユーティリティ側が自動でオーバークロックを調整してくれる便利な機能です。もしオーバークロック中に不安定になっても自動的に復旧してくれます。

auto_tuning_0.png
まずはFastで軽くオーバークロックを行なってみました。

auto_tuning_1.png
ベースクロックが103まで上がり、倍率は41倍に、そして内蔵GPUは1300MHzまで上昇しました。

auto_tuning_2.png
CPU-Z読みでもオーバークロック状態のクロックが4223MHzまで上昇しているのが確認できました。

auto_tuning_4.png
CPUをフルロードするアプリを使ったところHW MonitorよみでCPUの温度が90度を突破する危険な状態になったのでリテールクーラーでオーバークロックはオススメできません。

auto_tuning_5.png
AiSuite2上でもコアの倍率が変わったことが認識できます。

auto_tuning_06.png
試しにExtremeも試しました。何度か再起動を繰り返しオーバークロックに成功、最終的に4.4GHzに到達しましたが、CPUをフルに使うアプリで不安定になりPCが再起動に。
Fastの段階でCPUの温度が危険な状態に上昇してしまうのでExtremeでは更に危ない状況になったのだと推測できます。
あまりCPUパワーを使う機会も無いので標準状態に戻しましたが、手軽に倍率を自分で変更してオーバークロックを試せるKシリーズは楽しいです。かつてCeleron300A MHzでFSBを66→100MHzに変更した方や、Core 2 Quad Q6600を3GHzで常用していた人ならKシリーズは一層楽しめると思います。


無印とK付きの違い


基本的にK付きはオーバークロック向けに倍率変更が可能になっていますが、無印の場合は倍率変更で+0.4GHzが最大になり、あとはベースクロックを引き上げる難しいオーバークロックになります。
■ 「神様」がSandy Bridgeを解説、「K型番以外でも倍率変更可能」

また内蔵グラフィック機能がi7は全てIntel HD Graphics 4000になりますが、i5だと3570Kと3475S、i3だと3225のみになります。
4000と2500では動画エンコードやトランスコードに効果的なQSVの機能が異なるので注意が必要です。
Intel HD Grapics 4000ではQSV2.0ですが、2500ではQSV1.0相当になります。
■ 【PC Watch】 インテル、「Ivy Bridge」こと第3世代Coreプロセッサを発表
■ Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ - Wikipedia


開封


intel_corei5_3570k_02.jpg
箱上部にCPUが覗ける窓

intel_corei5_3570k_03.jpg
箱の中身はCPU、リテールクーラー、説明書、説明書の裏にCPUシール
Core2Quadの箱に比べると随分小さくなりました

intel_corei5_3570k_04.jpg
リテールクーラーはCore2 Quad Q6600と比べて高負荷時でも静か。
Q6600は負荷がかかると一気に爆音状態だったが、3570Kは起動時やスリープ復帰時に全速で一瞬回ってスグに静かになる。
LGA1155のサードパーティー製CPUクーラーがない場合は、とりあえずリテールクーラーで運用して良いと思う。
CPUクーラーの高さ約5.5cm、縦横幅約9.3cm

intel_corei5_3570k_05.jpg
CPU本体

マザーボードに取り付ける際に、説明書を見ずにリテールクーラーを設置したので、ピン止めが上手く出来ずピン部分が回らなくなって焦りました。
リテールクーラーを使う予定の方は説明書をちゃんと読んだほうがいいです。

ソフトウェア


Windows エクスペリエンスインデックス
intel_corei5_3570k_08.png
プロセッサは7.6

Windowsのタスクマネージャ
intel_corei5_3570k_06.png
i7と違い、Hyper-Threadingは無いのでCore2Quadと変わらず

インテル ターボ・ブースト・テクノロジー・モニター 2.6
省電力機能が有効だと青色のバーが伸びませんが
intel_corei5_3570k_34.png

負荷が掛かると3.8GHzまでクロックが上昇します。ただし4コアフルに使うほど負荷が重いと4つのコアクロックが3.4GHzに揃えられます。
intel_corei5_3570k_35.png

Intel Extreme Tuning Utility
intel製のマザーボード以外でもCPUのオーバークロックがWindows上から行うことが出来るユーティリティです。

CPUやメモリ等の情報以外に、CPU使用率、メモリ使用率、CPU温度、消費電力もリアルタイムで表示されます。
intel_corei5_3570k_36.png

オーバークロックはManual Tuningから行えて、Multipilersの数値を変更しApplyを押すと有効になります。
intel_corei5_3570k_37.pngintel_corei5_3570k_38.png

40xに変更してCPUをフルロードするとCPU温度が急上昇、壊さないように気をつけたい
intel_corei5_3570k_39.png

CPU-Z
intel_corei5_3570k_09.png
省電力機能で負荷がかからない無い場合は1.6Ghzまで下がります

intel_corei5_3570k_10.png
CPU-ZではIntel HD Graphics 4000の詳細部分が上手く表示されない

GPU-Z
intel_hd_graphics4000_gpuz.png
intel_corei5_3570k_11.png
GPU-Zだとクロックやシェーダーの数も表示されました。
IvyBridgeでIntel HD Graphics 4000を搭載しているCPUは限られているので、
内蔵GPUを使う予定の人はモデルナンバーを調べたほうが良い


ベンチマーク結果


内蔵GPU intel HD Graphics 4000のベンチマークは別ページに
■ レビュー intel 「HD Graphics 4000」

nVidia GeForce 8800GTのベンチマークは別ページに
■ intel - Core i5 3570K & GeForce 8800GTベンチマークレビュー

AMD Radeon HD6870のベンチマークは別ページに
■ HIS Radeon HD 6870を購入 & レビュー

CPU : intel Core i5 3570K (3.4GHz)
MEM : 8GB (elixir W3U1600HQ-4G , 4GB x2)
VGA : XFX GeForce8800GT 512MB (Core 670MHz , Mem 1950MHz , Shader 1650MHz)
VGA Driver : GeForce Driver 301.42
OS : Windows7 SP1

Super PI / mod1.5 XS (1M Calculation)
TurboBoost有効 : 09.926s
intel_corei5_3570k_07.png

Quick Sync Video (QSV)


Sandy Bridge以降に搭載されたハードウェアエンコード機能ですが、i5 3570kにも搭載されています。
■ インテル® クイック・シンク・ビデオ - ビデオの作成、編集、共有

エンコード速度や画質に関しては別記事で詳しく書いてあるので参考にしてみて下さい。
■ IvyBridgeのQSVで動画エンコードを試す&レビュー
最初は微妙かなと感じていたQSVのエンコードですが、CPU使用率が低いままソコソコの画質かつ速度が出るQSVエンコードに慣れきってしまいました。
DM626 H3でUt Video Codecで録画、AviUtl のQSVEncを利用、そのままYouTubeにアップロードという流れです。
YouTube側で強制再エンコードが入るので高画質にしすぎても意味が無いので、デフォルトの設定がバランス的にも良いように感じました。最初はQ23程度の画質だと細部が結構破綻してるかなぁと思ってQ21程度にしていたのですが、YouTubeにアップロードするなら、そこまで画質を上げる必要もないように感じました。(Q21だとファイルサイズも巨大になりすぎる傾向)
720p以上の録画ファイルだと上記でも納得行くレベルですが、480iや480pの録画ファイルだとQ23では厳しく感じるのでQ21程度まで上げたほうが良いように感じました。もしくはx264でCPU側で綺麗に仕上げた方が良いように感じます。
エンコード時間も720p、15分ファイルだと大体4分~5分で終わる手軽さです。


感想


Core2 Quad Q6600同様に満足度の高いCPUに感じます。
特に4Coreで3.4GHz動作なのに値段は2万円を切るという安さ。
これから自作PCを組むという人やアップグレード予定の人には、お手頃なCPUに感じます。

普通にWindowsを使う場合、正直なところCore2Quadと大きな違いを感じることができず、ウェブブラウザの表示でストレスを感じづらくなる程度。

ですが動画エンコードの場合は、これはCore i5の圧勝。
例えば1280x720 30fpsの動画を、AviUtlでx264を使ってエンコードする際に今までプリセットをsuperfastにして、ようやく40~45fps程度出ていたのが、3570kだと100fps以上出て快適すぎます。
QSV等の話は別記事にまとめたいので、この程度に収めますが、動画エンコードを積極的に使う予定の場合はi5 3570Kやi7を買うと満足度は非常に高くなると思います。

リテールクーラーもCore2Quad Q6600と違い比較的静かなのも有難く、余計な出費を抑えられるので、とりあえずCPUクーラーは余裕ができた時に買いたい人や、コストを抑えたい場合に嬉しいところ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: タイトルなし
コメントどうもです。
定格に戻すには再起動してUEFI(BIOS)から初期設定に戻すのが簡単かと思います。

CPUだけオーバークロックするにはAI Suite II > ツール > TurboV EVO > CPU動作倍率 > 左下の水色のバー、これを右に動かして適用を押せばOKです。
  • 2014/04/01 20:40
  • 管理人
  • URL
Fastを選択し、無事この記事に書かれてるようにオーバークロックができたのですが、定格にはどうやってもどすのでしょうか?
また、CPUクロックだけあげて、GPUはオーバークロックしないようにしたいときはどのようにすればいいでしょうか
  • 2014/03/27 14:25
  • ナナシ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons