レビュー Buffalo 「BSGC201」 | 雑雪帳

レビュー Buffalo 「BSGC201」

buffalo_BSGC201_05.jpg
PCとPS3で、PS2やPS1のコントローラを使えるようにする変換コンバータを買ってみました。
公式サイト


■ゲームパッドコンバーター 2ポートモデル | バッファロー
ドライバ
■BSGC101/BSGC201 ドライバー for Windows | バッファロー

対応するコントローラ


buffalo_BSGC201_02.jpg
パッケージに記載されている対応するコントローラの型番は、
・SCPH-110 (PS1)
・SCPH-10010 (PS2)

だけですが、手持ちのPS1向けデュアルショックコントローラの、
・SCPH-1200 (PS1)
もPS3とPCで使えることが確認できました。

逆にアナログスティックが備わっていない初期の
・SCPH-1080 (PS1)
これは、PS3とPC共にボタンが反応しないので使えません。

設定画面


Windows7では、「コントロールパネル - デバイスとプリンター - PSX/USB converter」のアイコンを右クリックしゲームコントローラーの設定を選択すると、設定が可能になります。

テストパネルではボタン、十字キー、スティックの入力を試せます。
buffalo_BSGC201_02.png

バイブレーションでは、振動時間、振動の強度をテストできます。
buffalo_BSGC201_03.png

増幅レベル設定では振動レベルの設定が可能になります。
buffalo_BSGC201_04.png

操作感


PS3ではCall of DutyやSuper Stardust HDをプレイしたのですが、感覚としてはPS3付属のコントローラと大きな違いを感じずに使えるように感じました。大きな遅延なども感じずボタンの反応も問題無いです。

コンバータではなくコントローラ側の違いに起因するのですが、PS3のアナログスティックとPS1やPS2のアナログスティックをグルっと回すと、PS3の方は滑らかにグルグル出来るのですが、PS1・PS2のアナログスティックは若干抵抗感を感じる(スティック部分の処理が違う)ので、Super Stardust HDの様な、360度全方位のシューティングゲームで、グルグルスティックを回す必要なゲームだと違和感を感じるかもしれません。

PCではFlashゲームのRokko ChanをJoyToKeyを使ってプレイしました。こちらもPS3と同じく違和感を感じず遊ぶことが出来ました。

※追記
PCSX2でも動作確認、1P側にPS2コントローラー、2P側にPS1コントローラーをつなげて対戦系のゲームやってみましたが上手く動きました。
buffalo_BSGC201_05.png

気になる所


PS3で使う際に気になるのは、PSボタンが備わっていないので結局PS3標準のコントローラが必要になってしまう所でしょうか。
またコンバータ側にコントローラの割り当て番号を示すLED等が無いので、コントローラを大量につないでいる場合は割り当て管理が分かりづらいのがオシイです。
(PS3標準コントローラのPSボタンからコントローラ割り当て番号変更機能を使えば、コンバータ側のコントローラ割り当て変更はできる)

感想


変換コンバータ側から感じる問題点は無く、2ポートしっかり使えます。PS3で使う場合は、PSボタンが無いのでPS3標準コントローラが必須なのが弱点になります。こういった部分を許容出来るなら、1000円未満、Windows7 64bit対応のBSGC201はオススメできます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons