レビュー iPadキーボード Logicool 「Keyboard case for iPad2」 | 雑雪帳

レビュー iPadキーボード Logicool 「Keyboard case for iPad2」

ipad2_logicool_keyboard_tk700_12.jpg
iPad2用のqwertyハードウェアキーボードです。iPad2で長文入力したいなと思ったので買ってみました。

■Logicool® Keyboard Case For iPad 2
iPad2は画面が大きい事もありソフトキーボードも大きいのでタッチタイプは出来なくもないが、長文となると結構難しいなぁ、というのが本音です。
とくにEvernoteで気になった言葉やメモしておきたい時には物理キーボードが欲しくなったので、定評のあるLogicool社のキーボードを買ってみました。

開封


ipad2_logicool_keyboard_tk700_01.jpg
重量は約340gなので、iPad2と合わさると1kg近くに。
縦置き、横置き両方に対応しています。

外観


ipad2_logicool_keyboard_tk700_02.jpgipad2_logicool_keyboard_tk700_03.jpg
付属のMicroUSBケーブルがキーボード部分に貼り付けられてます。

キーボード面は黒で裏面はアルミニウム素材のシルバーになっています。なのでiPadの色が白だと若干似合わず、ケースの質感もiPadとは違います。
横方向にはめ込む部分の空間はiPad2にぴったり合うサイズ(高さ241.2mm)なので、他社のタブレットだと使えない可能性が大きいです。

操作感


ipad2_logicool_keyboard_tk700_04.jpg
キーはノートPCでおなじみのアイソレーション。ストロークは深くないですが押し下げ感はしっかり有る。普通のキーボードでタッチタイプ出来る人だったら問題なくタッチタイプ可能。

iPadと接続


ipad2_logicool_keyboard_tk700_09.jpg
上部右にある電源ボタンを入れ、iPad側の設定からBluetoothをオンにし、キーボード側のConnectボタンを押すと、iPad側のデバイスにLogitech Keyboard Caseが表示される。

ipad2_logicool_keyboard_tk700_10.jpg
表示されたデバイスを選択すると、PINコードの入力が促されるのでiPad側に表示される4桁の数字を
キーボード側から入力してEnterすると登録完了。

充電


ipad2_logicool_keyboard_tk700_05.jpgipad2_logicool_keyboard_tk700_06.jpg
付属のMicroUSBケーブルは短いのでiPad付属のUSB電源に接続して充電するには短すぎるので、延長USBケーブルが必要に感じました。
iPadを横方向状態で使うと、殆どノートパソコン風に。

固定具合


ipad2_logicool_keyboard_tk700_07.jpg
iPadを裏返しキーボード側にはめ込むとコンパクトに持ち運びが可能で、四隅にソフト素材の緩衝材があるのでiPad側に傷は付かない心遣いが嬉しい。ガチガチに固定してるわけじゃないけどiPadを下方面に持っても突然落下する事は無い程度の固定具合。

ipad2_logicool_keyboard_tk700_08.jpg
裏面状態でもiPadのコネクタ部分は利用可能なようにケース側面が加工されています。同様にイヤフォンも使えるようになっていますが、
iPhone4付属くらいのイヤフォンじゃないとコネクタ部分が刺さらないです。
(iPod miniに付属していたイヤフォンが限界の太さ)

ファンクションキー部分にiPad特有動作が割り当てられており便利です。
(ホームボタンや音量調整、コピーやカット等)
iPadで長文入力したい人にはオススメのキーボード兼ケースになっています。

その他


Bluetooth接続なのでPS3でも使うことが出来ます。
ipad2_logicool_keyboard_tk700_11.jpg
残念ながらUSBケーブル経由ではPS3、Xbox360共に認識されません。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons