Windows 7 Professionalを導入 | 雑雪帳

Windows 7 Professionalを導入

昨年(2011年)の9月頃にiOS5で導入されるiCloudに対応するため、OSをWindowsXP HomeEditionから、
Windows7 Professionalに変更しました。
pc_windows7_dsp.jpg
購入したのは64bitのDSP版です。

Windows7を買う前にアップグレード版とDSP版を色々調べたのですが、既に持っているWindows NT 4.0 Workstation、Windows2000 Professional、に対するアップグレードパスは無く新規でOSを購入するしかない。
■Windows 7 へのアップグレード: よく寄せられる質問
ただしWindows2000からVistaは可能
■Windows 2000 から Windows Vista にアップグレードする

WindowsXPからのアップグレードパッケージは存在し、32bitと64bitが同梱されている。ただしDSP版より値段が若干お高め。
(DSP版には32bitか64bitどちらか選ぶ必要有り)
そんな感じで、いまさらVistaのアップグレードや、若干高い7のパッケージより、DSPの64bitで良いやと決めてしまいました。

XPをインストールしていたHDDとは別に、WesternDigitalのWD25EZXRXを同時購入したのでクリーンインストールを実行。インストールで大きな問題は発生しなかったが、2.5TBの容量全てを使い切るためには、使っているマザーボード側がBIOSではなくUEFIを持っていないと駄目らしく、約0.5TBを使えずにいる。Windows7の64bitなら大丈夫と思い込んでいたので若干残念、下記参照。
■Over2TB - wiki@nothing

不具合等


・Canopus MTVX2004HF
有償の録画ソフトを買えば録画できるらしいが、自分は使わなくなったので取り外しました

・SKnet MonsterX
SKnetが配布している正式の64bit対応ドライバで動作する。メモリを4GBに制限する必要あり。自分の環境では光デジタル音声入力が反応しなくなった。

・スリープからすぐに復帰してしまう
デバイスマネージャーで、キーボードとマウスのプロパティを開き、電源の管理タブから「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェック外す

・Macromedia Dreamweaver 3J (3.02)
かなり古いソフトだが、Windows7のWindows XP Modeを使うと若干動きがモッサリするが使える。
■ご存じですか? Windows 7 で使える Windows XP : XP Mode の持つメリット | マイクロソフト
Windows7 ProfessionalならXPのライセンスを持ってなくても無償でXP Modeを使えるが、Home Premiumの場合はXPのライセンスが別途必要になる。

自分が不具合と感じたのは上記程度、Windows7に正式対応した製品も数多く出ているので、Windows7の64bitだからと、問題を感じる部分は殆ど無かったです。
Windows上の画面やウィンドウをキャプチャする際に使っていた古いソフトは流石にインストールが無理でしたが、標準で付属しているSnipping Toolが非常に便利なのでおススメです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 雑雪帳 All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons