2007年05月 | 雑雪帳

仮想マシン VMware Player に Ubuntu

・仮想マシンの続き
AMD-VはAM2ソケットのAthlon64から搭載されてるらしい、Sempronには無い。今更シングルコアを買う人は少ないと思うが。
I/Oデバイスの仮想化というのも進んでるらしくintelのVT-dというのがあるらし。AMD-Vの強化はBarcelonaコアかららし。

続きを読む (Read more)

スポンサーサイト

前回のDivX Proのシリアルナンバーを無料で入手するの続き

DivXのオフィシャルサイトにDivX Proを無料で入手しよう!とかいうページがあったw
http://www.divx.com/community/share.php?cid=AD0000354

前回のStage6動画をblogやサイトに埋め込む必要は無く、ちっちゃなアイコンや
リンクを貼ればシリアルナンバーを貰えるらしい。
DivXの中の人が埋め込まれたサイトを確認するまで時間がかかるが、
前回の方法より簡単に貰えると思うんで、こっちの方がお勧めかな。
CS動画作ってる人はシリアル入手してStage6にアップし(ry

Virtual PC 2007

Virtual PC 2007
面白い、無料で使えるし。
ハードウェア依存の仮想化機能はAthlonだとAM2からの機能らしくションボリ。
vpc07_vm.png
グラフィック関係が弱いんだけども、GPUの仮想化は無いのかな?と調べたところ
4gamerに記事がありました。
GPU仮想化はもう少し、先のお話になりそうですね。
GPGPUとGPU仮想化で、GPUは当分面白くなりそうで…。

ネットワーク上のドライブ(ホストOSのドライブ)も簡単に見られて便利だわ。
これでグラフィック周りが強ければなぁ、AMD-VやVT-xを使えばより高速に動くのかな?
と調べたところ、既にPC Watchにベンチマークがあった
CPUの仮想化へのソフト側の最適化がまだまだで、駄目じゃねぇかというのが現状か。

で、Virtual PCのゲストOSにWindows 2000Pro入れたんだが、
「アプリケーションの追加と削除」のサポート情報の閉じるボタンで閉じない問題は
未だに解決されてないのか

DivX ProとDivX Converterのシリアルナンバーを無料で入手の巻

最近は何もStage6にアップロードはしてないんですが、
Stage6スレを読んでると結構有益な情報がありますよと。
ちょい前に、以下の書き込みがあったんですね。

続きを読む (Read more)

2007年5月22日 日記

HL2 Ep2 Black Box取り消し
ありえねー!と思ったが、Steam経由だったら問題無しなのかな?
パッケージ購入派の人には腹立たしい事態だと思いますが…。

リネージュ3の情報が4gamer.netに流出
ウンコみたいなMMORPGの提灯記事書いたり、RMT容認発言連発したりする背景には
こーいう事情もありそうですね。
もちっと骨太な記事書きなさいよと。

オープンソースCMI8738ドライバ

・オープンソースCMI8738ドライバ
の続きなんですが「ふぬああ」と相性が悪すぎて、ふぬああ使えません。
環境にもよるんでしょうが「ふぬああ」立ち上げた後どこか弄るとふぬああフリーズ
Windowsも再起動させないと、まともに操作できない状態に。
DScalerとは問題ないんですけれども

PC 「LOST PLANET」 Demoキタ

lostplanet_pc_demo00.jpg
LOST PLANET Demoキタ
内容はシングルデモで2面プレイ可能、Xbox360のDemoと同じ内容なのかな?ゲームはTPSで視点を変えることでFPSにも出来るけど、あくまでFPS風なのでTPSでプレイした方がやりやすい。

■Lost Planet: Extreme Condition | Downloads | GeForce

続きを読む (Read more)

先週の水曜どうでしょうClassic TVK版のおさらい

・先週の水曜どうでしょうClassic TVK版のおさらい
北海道212市町村カントリーサインの旅 2週目
snapshot20070514205524.jpg
夕張市から幌加内町へ

続きを読む (Read more)

先々週の水曜どうでしょうClassic TVK版のおさらい

・先々週の水曜どうでしょうClassic TVK版のおさらい
snapshot20070514201849.jpg
前回の韓国食道楽(殆ど食べてない)から帰ってきた、どうでしょう班

続きを読む (Read more)

先週の水曜どうでしょうClassic MXTV版のおさらい

先週の水曜どうでしょうClassic MXTV版のおさらい
アメリカ横断 第3週目です。
snapshot20070513222059.jpgsnapshot20070513222230.jpg

続きを読む (Read more)

先々週の水曜どうでしょうClassic MXTV版のおさらい

・先々週の水曜どうでしょうClassic MXTV版のおさらい
snapshot20070513211113.jpg
アメリカ横断の第2週目です。

続きを読む (Read more)

CMI8738のオープンソースドライバ

CMI8738のオープンソースドライバを使ってるんですがWindowsからCSなりに画面が移ったり、動画によっては音が出なくなってしまう問題がありまして、これも2chのCMIスレッドにSound of Silenceを使えとありましたので、使ってみたところ解決しましたよと。
常に無音を再生し続けるソフトで負荷は殆ど無いんで助かります。

でもう一つ問題が発生して、それはS3スタンバイから復帰すると音が再生できなくなる問題が起きてしまいました。
スタンバイ復帰後はあらゆる音の再生ができませんが、ログオフすれば解決します、原因は不明…。
※と思ったら、普通に音出た、うーん再現性が不明だ

2007年5月 CSオススメの動画

前回negitakuのCS動画古いの見れない!と書いたんですが、
JamesBさんがStage6にアップしちょりました。
http://stage6.divx.com/user/JamesBjp/videos/group:uservideos
Death Raiserz 4は必見ですよ。


他の動画、内容は良いんですが、古いこともあり解像度・音質がちょい悪いですね…。
最近だと720pのCS動画が当たり前になっちまってるんで。
最近のだと、Storm the Front


Killer-Instinct2がお気に入りかな。

2007年5月11日 日記

・SVEN CO-OPのサーバ運営してるGAMESABAさんが
BLACK HAWK DOWNのモガディシュの街をつくってるみたいです。
この街でCOOPしてぇ!

中国人スパイに有罪 海軍の機密情報を持ち出す
なんというエイリアスみたいな話、SD6出動だ!

negitakuのムービーページ
最近CSも(BOT相手ですが)プレイしてるんで、参考にムービーを見とります。
最近のムービーは良いんですが、古いムービーだとリンク切れで見れないのが
殆どですね…。
Stage6あたりにアップしてくれると良いのになぁと。

「バトルフィールドオンライン」韓国で来年サービス

バトルフィールドオンライン 韓国で来年サービス
課金前提のゲーム臭ぇな。
司令官利用権とか上級武器使用権とかは想像できる。
ヘリパイロット利用権とかあったら最悪だな。

ReAspect v0.61

ReAspect
MPEG2やらMPEGファイルのアスペクト比を変更するソフト。
再エンコードが必要ないので便利。
MTVX2004HFだと録画時にアスペクト比の指定が出来ないので、必須のソフト。

PC 「The Hell in Vietnam」 Demo

最近プレイしたDemo、タイトルから判るとおり、ベトナムもののFPS。
【4Gamer.net】[体験版]Rush for Berlin: Rush for the Bomb

プレイ感はリアル系でなくカジュアル向けに調整されてるので簡単。武器類も豊富に出てくるんで、その辺は楽しめる。

が、ゲーム自体がつまんねぇ、一本道のランボーゲーム。加えてグラフィックも今時としては古い、ついでに軽くない。
Alpha Prime とかInfernalのDemoでそこそこ綺麗で軽いってのを経験しただけに今時このクオリティでこの重さは駄目だろう。

「ArmA」スレッド見てたら

・ArmAスレッド見てたら動画がアップされてた、ワンスアンドフォーエバー(We Were Soldiers)を元ネタに作ってるそうで、知っていたらニヤニヤ出来ました。動画の出来も中々良いです。




あとコレも面白い、橋ぶっ壊して作戦成功!かと思いきや…

PCでドルビーデジタルのパススルー

PCでドルビーデジタルのパススルーが出来るようになったので、DVDのBLACK HAWK DOWN、アルマゲドン、U-571を久々に視聴。あーオモスレー。BHDの設定でCOOPしたいなぁ…、銃器類の音も迫力あってヨロシイですね。

現代戦FPSが目指すグラフィッククオリティはこれで、COOPもBHDを参考にしてほしい。タイヤから燃え上がる黒煙がヘリの気流によって渦巻く所とかリアルタイムで再現してほしい。

アルマゲドン、どうでしょうのアメリカ横断に行く飛行機内で3連続でみちゃってたんで。ジェットコースタームービーだな、面白いから良い!

U-571、CGバレバレのシーンを除けば爆雷サラウンドで満足できますね。

48khzでhuffyuv録画するとノイズまみれサウンドになる件

使ってるサウンドカードはチップがCMI8738で光入出力付きのカード
ドライバはC-Mediaの純正ドライバCMI8738_WDM_0639XP。
PCIスロット変えたりふぬああでキャプしたりしたが、解決不能。
もうこれは相性かサウンドカードの入力が腐ってると判断。
サウンドカードを経由せずに録音するMTVX2004HFのHWエンコードの
場合は問題無しなので、TVキャプチャやらVHSソースは、こっちで処理。

PS2のキャプチャをどうにかhuffyuvでキャプチャしたいので、試行錯誤。
そーいや光入力有ったなと、試しに光入力でキャプってみるか、と試す。
48khzで録音問題なし、キターと思ったが音が出るとツツッっとノイズが混じる。
他のドライバ試してみるか、と2chのCMIスレ見る、オープンソースで
開発されたドライバがあるらしい。
Downloads - cmediadrivers - Open Source WDM Drivers for C-Media 8738/8768 based soundcards - Google Project Hosting
入れて試してみると、キター!!問題無し、ノイズ乗らない!!
これでhuffyuv + 48khz(光入力)のソース使えます、ありがとうドライバ開発者の人。

純正ドライバだとMedia Player ClassicのAC3パススルーが出来なかった
問題も解決しました、ドルビーデジタルもDTSもOKに。

60fps化ネタの続き

60fps化ネタの続き

引用ここから

280 :名無しさん@編集中 :04/06/13 13:43
60fps化

AviUtlの場合
1.60fps読み込みでソースを読み込む。
2.通常通りフィルタやリサイズなどの設定を行い、通常通りエンコ。
※3次元プログレッシブ化フィルタ使うとテロップのちらつきが低減されるが、副作用もあるので確認汁。
ttp://www1.speednet.ne.jp/~latch_up/index.html

AviSynthの場合
SmoothDeinterlace(tff=true, doublerate=true)#2.0x用
tff=true or false:true=トップフィールドファースト、false=ボトムフィールドファースト

DGBob(order=1,mode=1,thresh=12,ap=false)#2.5x用
order=0or1: 0=ボトムフィールドファースト、1=トップフィールドファースト
mode=0~2: 0=通常のインタレ解除(29.97fps)、1=60fps化(59.94fps)、2=スローモーション
thresh: default=12
ap=true or false: true=artifact protectionを使用。

TMPGEnc2.5系の場合
1.ビデオ詳細のところにあるインターレース解除の設定を"偶数・奇数フィールド(フィールド・適応)"にする。
2.コマ送りしてスムーズに動いているか確認する。
 2コマ進んで1コマ戻るという動きになったら、 フィールドオーダーを変更する。
3.通常通りフィルタやリサイズなどの設定を行い、通常通りエンコ。

TMPGEnc3.0系の場合
1.フィルター設定のところにあるインターレース解除の設定を"常にインターレース解除を行う(2倍fps化)"に、
インターレース解除の方法を"適応補間"にする。
2.コマ送りしてスムーズに動いているか確認する。
 2コマ進んで1コマ戻るという動きになったら、 フィールドオーダーを変更する。
3.通常通りフィルタやリサイズなどの設定を行い、通常通りエンコ。


引用ここまで

■ 無料版のTMPGEncでも試したかったので、ググッたら一発で出てきた。
最初”偶数・奇数フィールド(フィールド・適応)"にしてもカクカクしてたんでフィールドオーダーを”トップフィールドが先に表示される”にしたらOKになりました。
(キャプチャした素材やキャプチャカードによってフィールドオーダーは変わるんでコマ送りにして確認してください)

Aviutlだと
ファイル - 開く、ファイルを開くウィンドウ下部の「60fps読み込み」にチェックを入れて開く
aviutl_60fps.png



※2012年6月16日 追記
■ ボクにもわかる地上デジタル - 地デジ方式編 - インターレース(interlace)
■ フレームの話
上記のサイトを参考に用語の見直しを行いました。

この60fps化は地上アナログや地上デジタルなどの、
・インターレース方式 : 60フィールド,30fps(30フレーム)

の動画をPCでも同様に見えるようにする方法で、
・プログレッシブ方式 : 60フィールド,60fps(60フレーム)
という動画にするためのプログレッシブ化(インターレース解除)をAviutlでやってしまうのが目的です。スポーツ等は、これを使うことでTVで見ているようなヌルヌルした滑らかさを実現することが出来ます。

スポーツ(サッカーや野球)では60フィールド,30fpsで放送されているので、もし上記の方法(60fps読み込み)を使わず、通常のインターレース解除(自動など)でエンコードされた場合は、
・プログレッシブ方式 : 30フィールド,30fps(30フレーム)

という動画ファイルが出来上がります。ヌルヌルした滑らかさはありませんがファイルサイズの圧縮やビットレート確保により、圧縮時に発生する圧縮ノイズの軽減が期待できます。

またYouTubeなどの
・プログレッシブ方式 : 30フィールド,30fps(30フレーム)
までしか対応していない動画サイトなどにアップロードする場合も、通常のインターレース解除で十分だと思います。
(もしかしたら将来60fpsに対応するかもしれませんが)

それとこの「60fps読み込み」は元々の動画ファイルが
・プログレッシブ方式 : 30フィールド、30fps(30フレーム)
で記録されている場合に使ってもヌルヌルしたような動画ファイルにはなりません。

またキャプチャカード等で、
・プログレッシブ方式 : 60フィールド,60fps(60フレーム)
という設定でキャプチャしたファイルの場合はAviutl上で、そのまま60fps動画として扱えるので、「60fps読み込み」は使う必要はありません。